吉岡聖恵のソロ始動。中島みゆきの「糸」のカバーでデビュー。いきものがかりの復活時期はいつ?

スポンサードリンク

吉岡聖恵のソロ始動。中島みゆきの「糸」のカバーでデビュー。いきものがかりの復活時期はいつ?

衝撃的な活動休止を発表した人気バンド「いきものがかり」ですが、
充電期間に入って以来、メンバーがどう動いているのか、イマイチわからない状況でした。
ほとんどのメンバーがソロ活動を行うか、新ユニット・プロジェクトを作ると憶測されていましが、
ボーカルの吉岡聖恵さんがソロで活動することは ファンが見ても明らかでした。
そして、今日になって吉岡聖恵さんのソロが始動したことが大きくニュースになりました。
本格的なソロ活動を始めるとされていますが、
ソロデビュー曲がまさかのカバー曲・・・。
こういう形だと、やはりバンドじゃないと曲が作れないと語弊を受けそうな気がしますが・・・。

吉岡聖恵のソロ始動

吉岡聖恵さんのソロデビュー曲は、
中島みゆきさんの名曲「糸」のカバー曲です。
発売は4月29日で、
すでにトヨタホームのTVCMソングに採用されており、
今日4月25日にはYouTubeで楽曲が公開されました。
長く沈黙を破って、
大きくメディアに報じられ、
待っていたファンは歓喜していますが、
まだまだライブ情報は解禁になっていません。
バンド「いきものがかり」ではライブが真骨頂として、
吉岡聖恵さんの生の歌声は評判が素晴らしかったです。
早く、ライブで吉岡聖恵さんに会いたいと願うファンからすると、
ソロデビュー曲を出したことは、まずは一安心ではありますが、
まだまだソロでライブを行うには曲数が足りない感じですね・・・。
今年中にアルバムでも出して欲しいものですが、
自分のオリジナルの曲の作成はどこまで進んでいるのでしょうか?
スポンサードリンク



中島みゆきの「糸」のカバーでデビュー

中島みゆきさんの「糸」は、
1992年にリリースされた20年以上も昔の曲です。
もともと友人の結婚式を祝うために作られた曲で、
現在でもカラオケや音楽配信で、安定の数字を残し続けてるロングセラー曲です。
世代を問わずにカラオケで耳にする「糸」ですが、
この曲を吉岡聖恵さんがソロデビューに選んだ理由はなんだったのでしょうか?
多くの人が歌っている「糸」は、
吉さんが自分の個性や歌唱力を示すのにもってこいの曲で、
ボーカリストとしての業界での存在感を見せつけるのには都合が良さそうです。
それでも中島みゆきさんの楽曲ということで、
かなり暗い言葉多く、
特に「縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない」という部分など、
吉岡さんが歌うにはシリアス過ぎるのかな?と思ったりもします。
いきものがかりでは見れない吉岡さんの魅力が見れる意味で楽しみですが、
この先、バンドでの激しい吉岡さんが再び見れる日は近いのか、遠いのか・・・。

いきものがかりの復活時期はいつ?

吉岡さんが所属するバンド「いきものがかり」は、
昨年2017年に結成10周年を迎えて、
1月5日に「解放宣言」として、
グループの活動休止を発表しました。
バンドの再始動の時期は明らかにされず、
休止期間は、主にメンバーがソロ活動を行うとされていました。
実際にボーカルの吉岡さんが本格的にソロとして動き始めたのは、
活動休止になってから1年を超えた後で、かなりスローな印象。。
このペースでずっとソロを続けていくならば、
果たしてバンドの復活はいつになってしまうのか・・・。
「いきものがかりは3人が帰ってくる場所」として、
解散は絶対にないと断言されていましたが、
その場所に帰るまでの旅に、どれだけの時間がかかるのか・・・。
それでもバンドのホームページは元気に生きており、
各メンバーの活動もそこでこぞったアップされているので、
まだまだ皆1つの道で繋がってることが実感できて安心できます。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です