宇垣美里アナのマイメロ論

スポンサードリンク

宇垣美里アナのマイメロ論最近ではフリーに転身した田中みな実さんが、
極端なキャラ変更をし話題になったり、
女子アナの人気戦争が活発になってます。

人気の女子アナの条件というは、
報道のジャンル的に知的であったり、
バラエディで見せるキャラクターが良かったり、
または、単純に美人であるとか、
多くの要素を合わせて、視聴者に支持されます。

そんな中で、
TBSの宇垣美里アナは、
少し変わった角度から、
世間の女性から支持されているのです。

それは宇垣美里アナの持つ、
「マイメロ論」が素敵だからとか。。

宇垣美里アナのマイメロ論

正直、女子アナウンサーが、
外見やキャラではなくて、
内なる思考で注目されることは少ないです。

では、宇垣美里アナの人気の要因となっている、
「マイメロ論」というのは、
どのようなものなのでしょうか?

現在の宇垣美里アナは、
週刊プレイボーイの中で、
自身でエッセイを書いているのですが、
その文才が高く評価されており、
「マイメロ論」は、そのエッセイの中で登場した言葉なのです。

「マイメロ論」とは、宇垣アナが世の中の不条理を感じた時の対処法のことを差す。宇垣アナはコラム内で「ふりかかってくる災難や、どうしようもない理不尽を、一つひとつ自主的に受け止めるには、人生は長すぎる」とし、そのための“逃避術”として「そんなときは、『私はマイメロだよ~☆ 難しいことはよくわかんないしイチゴ食べたいでーす』って思えば、たいていのことはどうでもよくなる」と表現した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000352-oric-ent

悪く言えば「現実逃避」のような考え方ですが、
実はもっと深くてかっこいい考え方だと自分は思います。

世の中にはどうにもならないことがたくさんあり、
1つの問題を片付けるだけでも長く時間を取られるので、
開き直っってアホなふりをして忘れてしまえ!というもの。

なんでも完璧に筋を通したり、
全てが納得いくまで戦うには、
人生の時間は少なすぎるということ。

宇垣美里アナの考え方は、
女性が一番幸福に近道できる、
素敵な思想なのです。

この先も宇垣美里アナの「マイメロ論」に影響された女性が多く登場することでしょう。

ただ、デメリットといえば、
マイメロというキャラクターのイメージです。

それは、ややメンヘラっぽいということです。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です