キリンビバレッジが謝罪。#午後ティーPRイラストがヒドイ(画像)。上重聡アナの手記(松坂へ)

スポンサーリンク

キリンビバレッジが謝罪。#午後ティーPRイラストがヒドイ(画像)。上重聡アナの手記(松坂へ)最近ではネットや駅のホームで個性的な広告を目にすることが多く、
バレンタインデーにはブラックサンダーの「義理ならこれ!」など、
皮肉も含めたユーモラスな宣伝文句が消費者に受け入れられていました。

そんな中、今年2018年4月26日に、
キリンビバレッジが看板商品である「午後ティー」のPRのために、
公式ツイッターから発信したツイートの内容が、
「女性を侮辱してる」
「さすがに酷すぎる」と、
かなり問題視されました。

時代の流れ的にはありなのか?と思われましたが、
今回のキリンビバレッジのツイートに載ってたイラストは、
度を超えてしまったようで、多くのユーザーから顰蹙を買いました。

結果的にキリンビバレッジは謝罪することとなったのです。

しかし、具体的にどのようなイラスト画像を載せて炎上してしまったのか?

怖いけど、気になります・・・。

キリンビバレッジが謝罪

キリンビバレッジが4月26日に、
公式ツイッターから発信したイラストには、
現在の女性あるあるを紹介した皮肉的な内容でした。

イラストレーターの「つぼゆり」さんに描いて頂いたイラストには、
「モデル気取り自尊心高め女子」
「ロリもどき自己愛沼女子」
「仕切りたがり空回り女子」
「ともだち依存系女子」と、
自分の周りにいそうな不愉快な女性のイメージイラストが・・・。

さらにはそのイラストには、
各女性の特徴なども詳細に書かれていました。

「モデル気取り自尊心高め女子」は、
「太ってないのに太ったと連発する」など。

持ち物は「ブランドのバッグ」と「ブランドのショッパー」と特徴が書かれています。

「ともだち依存系女子」は、
「とにかく髪をさわる」
「けっこう自分のこと大好き(言わない)」
「ウケてないけどとりあえず『ウケる』」と、
人によっては自分のことを言われてるような気がするような、
心のズキッと突き刺さるような内容のオンパレードでした。

さらには、ツイッターの下の欄には、
「#いると思ったらRT」「#私だと思ったらFav」というハッシュタグまでもが付いていたのです!

削除されたのが4日後の5月1日ということで、
長く、多くの人の目に触れたことになります。

そのあとに、キリンはきっちりと謝罪し、
問題のツイートを削除しました。

スポンサーリンク



#午後ティーPRイラストと謝罪文

キリンの公式ツイッターで流された、
現代の女性あるあるのイラストは、
多くの人の顰蹙を買い、
結果的に大炎上しました。

キリンビバレッジは5月1日の9時30分にツイートを削除。

そして、謝罪文を出すことになりました。

「この度、キリンビバレッジ公式アカウントにおける午後の紅茶の投稿について、お客様にご不快な思いをおかけし大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。多くのお客様からのご意見を受け投稿を削除いたしました。今回いただいたご意見を真摯に受け止め、今後の活動に活かして参ります」

広告を出した側からすると、
まさかここまで炎上するとは思わなかったのでしょう・・。

今や広告はインパクト勝負でもあるので、
このような切れ味のあるアイディアは重要にも思えますが、
度が過ぎてもダメだってこともわかりました。

担当の人は、周りにいそうな女性を描くことによって、
商品に親しみを持って欲しかったそうです、
確かに、言いたいことはよくわかりますね。。笑

ネットユーザーの間では、
このようなイラストを描いてツイートし合い行為はよくあること、
しかし、大企業が本腰で、宣伝目的でやる分にはダメってことですね。

いかにもネット社会好みのようにも思えた勇敢なイラストでしたが、
この失敗を糧に、今後、もっと良いアイディアでお客様を喜ばせてくれることでしょう!

キリンビバレッジの今後の広告に注目して見たいです!

上重聡アナの手記(松坂へ)

上重アナといえば、
高校生の頃にPL学園野球部に所属し、
エースとして甲子園で活躍されました。

現在、中日にいる松坂投手との、
夏の甲子園での激突は今でも伝説です。

上重アナは大学野球で活躍したのちにアナウンサーに、
松坂投手は、高卒でプロ入りし、その後メジャーリーガーに、
互いに対象なキャリアを歩みましたが、
常に高校生時代のライバル関係は注目されていました。

ここ最近の松坂投手といえば、
怪我で日本に復帰するも、
1軍のマウンドに上がれず、2軍でも大乱調。

多くのファンに批判されながらも、
現役を続行し、中日にテスト入団。

「今度こそは」と信じるファンの心も、
そろそろ途切れそうな時期に、
ようやく、1勝を挙げることができました。

高校時代の戦友がようやく日本で1勝を挙げたということで、
スポーツ報知に上重さんの松坂さんに宛てる、
独占手記が公開されたのです。

この内容に多くの野球ファンが感動。

高校時代の激戦から20年の歳月が流れて、
大人になっても、こういう関係でいれるとは、
本当に素敵だと思います!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です