石原良純が不快感を感じた嵐の会見での記者の質問。誰?(動画)

スポンサーリンク

石原良純が不快感を感じた嵐の会見での記者の質問。誰?(動画)

昨日はアイドルグループの「嵐」の活動休止報道が凄まじく、発表した当日に嵐メンバーが記者会見を開くなどの措置がありました。

ホームページで急遽発表された活動休止に、日本中がショックを受けました。

嵐に関してはファンでなくても思い入れが入るグループ。

SMAPに続いてジャニーズ王国の位置が危ないと、ネット上でトレンドになってまで語られました。

嵐が開いた会見ですが、そこではある記者の発言が問題視されています。

SNS上でもどこでも”あの質問”を記者を非難する声が相次いでます。

そして、今日、ついに同じ現場にいる石原良純さんの口から、あの質問に対する不快感が露わになり、「共感する」の声に溢れています。

石原良純さんが不快感を感じた質問。ネット上で日本中の方々の逆鱗に触れた質問とは、どのような質問だったのでしょうか?

石原良純が不快感を感じた質問

5大ドームツアーを発表し、ファンにとっては有難い1年になると思われた2019年ですが、年初めからまさかの活動休止の発表。

長く本数の多いツアーを発表したことから「嫌な予感がする」と憶測していたファンもいたみたいです。

そんな中で現実に嵐は活動休止を発表。ホームページで語るメンバーの表情はそれぞれでした。

活動休止報道の熱が止まないうちに開かれた嵐メンバーによる記者会見ですが、そこである記者がメンバーに対してとんでもない質問を投げかけます。

それは「無責任じゃないか」という質問です。

会見では、ある記者から嵐の功績をたたえた上でファンにとっては突然過ぎる幕引きに「無責任じゃないかという指摘もあると思う」との質問も飛び出した。

 会場の雰囲気は一変し、櫻井翔(37)が「およそ2年近くの期間をかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です」と反論する事態となった。

 個々のメンバーと交流もある俳優の石原良純(57)は「『無責任ですね』ってなんですかね、あの質問。あれだけ、ちょっとイラッとして。聞いているほうもみんな、どういう思いで聞いているか分からないけど。困ったもんですね」と不快感。引用元:ヤフーニュース

この質問に対して、嵐で1番の知性派である櫻井翔さんが、しっかりと答えました。

約2年の時間をかけて、ファンに恩返しする期間を設定したこと。これまで通りの大きなツアーを発表したこと。

この2年間の内容を見て無責任だと思うなら、それは仕方ないというのが簡潔な答えでした。

かつて、SMAPはライブのある年にそのままライブもせずに解散しましたから・・・。

このパーフェクトな受け答えがあった裏で、その質問自体に怒りを覚える視聴者が大勢いたのです。

石原良純さんはその記者の「無責任」発言に対して不快感マックスに、著名人としては初めての感想です。

当然のごとく、石原良純さんの不快感に対して、共感の声が出ました。

スポンサーリンク



同じ慶應の後輩・櫻井翔を庇った?

石原良純さんがあそこまで感情的に人をかばうシーンも珍しいです。

ここで、ある1つの説が浮かびます。

それは「慶應ボーイの絆」です。

実は嵐の櫻井翔さんは子供の頃から大学まで慶應系列の学校を卒業し、正真正銘の慶應ボーイなのです。(大学のみ慶應では慶應ボーイではありません)

さらに、石原良純さんも全く同じ慶應系列学歴を辿っており、桜井さんとは慶應の先輩と後輩に当たるのです。

慶應のOB同士の絆は永遠だと言われています。

可愛い後輩の櫻井翔さんに同情し、先輩なりにしっかり庇ったのかなという説もあるのです。

にしても、あの記者の質問は、誰でも「は?」と思うような内容なので、この説はあくまで都市伝説的なことです。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です