内田正人監督と井上奨コーチの除名処分(指示認定)。宮川選手復帰の可能性。日大アメフト部メンバー声明

スポンサードリンク

内田正人監督と井上奨コーチの除名処分(指示認定)。宮川選手復帰の可能性。日大アメフト部メンバー声明ここ数日、ずっとメディアで騒がれている日大アメフト部のタックル問題ですが、
学生選手が顔を出して勇気をある会見を行えば、内田監督と井上コーチの歯切れの悪いも行われ、世間の日大上層部への不信感は日々高まっています。

そんな中、5月29日には、
日大アメフト部の内田正人前監督井上奨コーチの除名処分が決定するなど、
選手の発言を信頼する側の動きが決定的となっています。

関東学生連盟が会見にて、内田前監督と井上奨コーチの処分を「除名」という重たい形で発表すると、世間から様々な声が生まれました。

内田正人監督と井上奨コーチの除名処分

関西学院大学のQBに対して悪質なタックルで怪我させた問題に対して、
先日、当事者の宮川選手は会見を開き、
そこで、上の方が指示があったと事情を説明しました。

しかし、内田前監督は「支持した覚えはない」として、
宮川選手の言い分を、全体的に否定したのです。

井上奨コーチは記者から「選手が嘘をついているのか」聞かれると、
回答に困るという一幕もあり、さらには、謎の司会者が会見をうやむやにするなど、
監督・コーチ側の会見は、世間的にも最悪の印象に終わりました。

多くの人が宮川選手が真実を語り、
監督・コーチ側が何かを隠してると確信していましたが、
処分を決める権限を持つ「関東学生アメリカンフットボール連盟」も、
世間と同じく、宮川選手の語った話の方に信憑性があると判断しました。

その結果、
内田前監督と井上コーチを、
「除名処分」として、

さらに、宮川選手を、
「当該選手は今シーズンの公式戦出場停止処分(既に社会的制裁を受け真摯な反省を汲む結果)」
としました。

監督とコーチの処分は、
世間の予想通りでしたが、
宮川選手の処分に関しては意外な部分があります。

1年間の出場停止ということで、
来年以降は、試合に出場しても構わないということです!

つまり、宮川選手は、
アメフト部に復帰できるということなのです!

スポンサードリンク



宮川選手復帰の可能性

宮川選手は、先日の勇気ある顔出し会見の中で、
自分は今後、アメフトをやる権利がないとして、
アメフト部を退部することと、引退することを発表していました。

しかし、今日の関東学生連盟の処分の内容であれば、
来年以降であれば、アメフト部の公式戦に出場することが可能なのです。

ただ、正式に公式戦に復帰するのは、
3つの条件が必要となります。

(1)本件につき反省文にまとめて当連盟に提出すること
(2)規律委員会との面談で再発の危険が払しょくされたことが確認されること
(3)関東学連理事会での承認。このすべてがクリアとなると「出場資格停止」処分が解除されるとしている。

さらには、日大のチーム自体にも、
出場停止の処分が決まっているので、
そちらの処分解除にも条件があるのです。

日大アメフト部が公式戦に復帰する3つの条件は、

(1)チームとして本件の原因究明を行い、それを踏まえて実効性のある再発防止作を策定・実施し、抜本的なチーム改革・組織改革を断行
(2)その内容をチーム改善報告書として関東学連に提出
(3)十分な改善がなされたことが検証委員会で確認され学連で、さらに学連理事会で承認されると出場資格停止は解除されるとされた。

宮川選手個人で3つの条件、
日大アメフト部で3つの条件を満たせば、
来年の4月以降から、公式戦に復帰することが可能なのです。

しかし、気になるのは宮川選手本人の意向です。

今後も本当にアメフトをやるつもりがないのであれば、条件を満たしたとしても復帰することはないでしょう。

アメフト部自体が復帰しても共に戦った何人かのメンバーが退部を決めいてるので、
全然、違うチームとしてリスタートする可能性が高いです。

日大アメフト部メンバー声明

今日、関東学生連盟が、
監督・コーチ・選手の処分を発表する前には、
日大選手たちから、声明文が出ました。

声明文の内容は非常に紳士的であり、
言い訳よりも先に、謝罪と反省の言葉が多く
世間的に非常に好感度の高い内容でした。

「ケガを負ったQBの選手とご家族の皆さまにお見舞いを申し上げるとともに、関西学院大学アメリカンフットボール部関係者の皆さま、関東学生アメリカンフットボール連盟その他の関係者の皆さまに、多大なご迷惑とご心労をおかけしてしまったことを、私たち日本大学アメリカンフットボール部選手一同、心よりお詫び申し上げます」

相手の関東学院大学、そしてアメフトに関わる方々に謝罪の言葉を述べるところから声明文は始まりました。

そして、同じチームメイトの宮川選手の対しては、

「大切な仲間であるチームメイトがとても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任はとても重いです」

と、すぐにフォローできなかったこと悔やむ言葉もありました。

これまでの日大アメフト部の内情に関しては、

「これまで私たちは、監督やコーチに頼りきりになり、その指示に盲目的に従ってきてしまった。それがチームの勝利のために必要なことと深く考えることもなく信じきっていました」

と、生々しくもリアルな事情を明かしました。

まだまだ謝罪や反省が終わったわけではなく、
チーム一同で、長くこの問題と付き合っていきたいと、
学生なりに責任感を感じる言葉で締めくくられてました。

「私たちは、日本大学アメリカンフットボール部全体が生まれ変わる必要があることを自覚しています。今後、具体的に何をしていかなければならないかについては、これから選手一同とことん話し合って決めていきたいと思います」

とことん、自分たちの間違いと向き合っていく姿勢に対して、
多くの方が「大人も見習うべき」と、チームの言葉に感動さえも覚えました。

「そして、いつか、私たち日本大学アメリカンフットボール部が、部の指導体制を含め生まれ変わったと皆さまに認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを他のチームの仲間たちとともにプレーできる機会を、お許しいただければ有難いと思っています。また、そのときには、もし可能であれば、私たちのチームメートにも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレーできればと願っています」

1000文字を優に超える長文で、
最後まで適切な言葉で声明したことで、
多くの方が選手たちを同情しました。

それでも、まだまだ言いたいことがありげな感じが、
結局、まだ圧力から100%抜け出したわけではないとも思えます。

連盟から宮川選手の処分が出る手前に、
「一緒にプレーできれば」という言葉があったのがすごいです。

事実、この声明文が出た数時間後に、
連盟から、復帰の可能性が残った処分が出たのですから・・。

今後もまた同じ仲間で日大のユニフォームでプレーできるのか、
その部分は本人の意向次第ですが、
多くの方が、宮川選手に再びアメフトをやって欲しいと肯定的です。

今後も長く、同様のニュースが流れると思いますが、
この日の2つの動きは、今後の流れを決定的にするものとなりました。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です