穴吹義雄が死去。病名は敗血症。経歴と現役時代(画像・動画)

スポンサーリンク

穴吹義雄が死去。病名は敗血症。経歴と現役時代(画像・動画)

南海ホークスで活躍された、
穴吹義雄さんが、
先月7月31日に死去されていたそうです。
 
85歳でした。
 
引退後は解説者、監督、少年チームの会長など、
幅広く活躍されていました。
 
球界にとって大切な教科書が、
また1つ失われたということになります。
 
 

穴吹義雄が死去。病名は敗血症

 
穴吹義雄さんは晩年、体調を崩しており、
入退院を繰り返していたそうです。
 
2006年には脳梗塞、
2015年には脳内出血。
 
そして、今回亡くなられた死因は「敗血症」でした。
 
南海ホークスの選手として活躍。監督も務めた穴吹義雄氏が7月31日に死去していたことが4日、関係者の話で分かった。85歳だった。引用:スポーツ報知
 
本当はプロ野球界で、
若手選手の指導をしていてもおかしくない方。
 
晩年は少年野球チームの会長及び指導をしていたそうですが、
健康上の理由で、続けることが難しかったそうです。
 
人柄的にも愛された方だったので、
今回の穴吹義雄さんの死去を悲しむ声は多く出そうです。
スポンサーリンク



 
 

穴吹義雄の経歴と現役時代(画像・動画)

 
穴吹義雄さんはアマチュア時代からスター選手で、
プロ野球入りする際には、とんでもない争奪戦が行われました。
 
その争奪戦の騒動にかぶせた小説、
「あなた買います」は日本中でヒットを記録しました。
 
国籍 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 1933年5月6日
没年月日 2018年7月31日(85歳没)
身長 175 cm   体重81 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手、三塁手
プロ入り 1956年
初出場 1956年3月21日
最終出場 1968年9月18日
 
経歴
選手歴
香川県立高松高等学校
中央大学
南海ホークス (1956 – 1968)
 
監督・コーチ歴
南海ホークス (1969 – 1985)
 
 
プロ野球選手になる前からすごかった穴吹義雄さんですが、
プロに入った後も大活躍をみせます。
 
右投手にめっぽう弱い一面があり、
相手投手が全員サウスポーであれば、
三冠王は確実だったと言われています。
 
解説者時代には、若手選手に対するリスペクトも忘れずに、
ミスをした選手を悪く言わない愛情深さが評判でした。
 
コーチ時代には人望に溢れ、
とても素晴らしいコーチングをしていたそうです。
 
プロ野球に大きく貢献したことで、
その名前を今でもしっかり覚えてるおじさんは多いことでしょう。
 
亡くなられても、穴吹義雄さんの愛情の元育った誰かが素晴らしい指導者になってくれることでしょう。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です