ミックジャガーの伝説。エリート、ケイティペリー、ピストルズと意外な繋がりばかり!

スポンサーリンク

ミックジャガーの伝説。エリート、ケイティペリー、ピストルズと意外な繋がりばかり!ローリングストーンズの不動のボーカルとして長年トップを走り続けている、

生ける伝説のミック・ジャガー。

スクリーンショット 2014-10-11 20.55.05

彼には様々な伝説があり、

どこまでが本当か嘘かわからない。

けど、ありったけのミックジャガーの伝説をここに書いてみたい。

伝説その1「4000人以上」

ミックジャガーは若き日から遊びまくり、

ロックスターとして売れ出した後も、当然遊び続けた。

その結果、ミックジャガーと一夜を過ごした相手は、

軽く見積もっても4000人を超えるという。

相手となった人物は有名なところで、

女優・アンジー、ユマ・サーマン、文化人でフランス大統領の夫人・カーラブルーニとえげつないメンツ。

さらに一番ビックリするべき相手は、デイビット・ボウイだ!

なんと、ミックは両刀だったという。(これはネタかも)

スポンサーリンク



伝説その2「女性に弱い」

ミックジャガーは彼女に冷たくされると、

一気に寂しくなり、泣いてしまうというのだ。

さらにアプローチをかける相手には5000ドルものアクセサリーや、

何件もの留守電を残すという。

これは意外な伝説だ。

伝説その3「意外とエリート」

ミックジャガーはキースと共に「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス」という学校に通う、

成績優秀で、国税局への就職を迷った。

結局はプロミュージシャンになる道を選んだという。

実はとても頭が良いのは意外ではないかもね。

伝説その4「当時18歳のケイティペリーを口説いた」

今や人気のセレブリティとなっている女優ケイティ・ペリー。

そんな彼女は18歳の頃にミックに誘われてデートをしたという。

このままだとミックに抱かれると思ったケイティは、そのまま帰ったという。

これはオーストラリアの人気ラジオでケイティ自身が告白したが、

ミックサイドは否定している。自分的には本当でもおかしくないと思う。

伝説その5「シドのナンシー容疑の弁護費を立て替えた」

これは、最近になってジョン・ランドンが告白した、ミックのカッコいい伝説だ。

シド・ヴィシャスがナンシーの事件で容疑をかけたれた後、

当時プロデューサーだったマルコムは無力で何もしなかったのに対して、

ミックジャガーがいきなり弁護料から何までシドのサポートをしたという。

さらにこのことは、最近ライドンの口から語られるまで、世間には知られなかった伝説だ。

もちろん、ミック自身も発言をしておらず、

無償のサポートをシドヴィシャスに捧げたわけだ。

同じイギリス生まれのロックスターにこのような繋がりがあったことが素敵だ。

以上、ミック・ジャガーの伝説でした。

またネタがあったらまとめて書きたいと思う。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です