大杉漣 長男。写真家の隼平氏「最期に立ち会えず」。3日前には食事

スポンサーリンク

大杉漣 長男。写真家の隼平氏「最期に立ち会えず」。3日前には食事大杉隼平さんといえば、
昨日の深夜に急死された、
名俳優・大杉漣さんの長男です。

子供がいることは知られていますが、
まさか有名な写真家だってことは、
一部のファンしか知らなかったみたいです。

大杉漣さんの長男の大杉隼平さんって、
どんな人なのでしょうか?

大杉漣の長男

大杉隼平さんが誕生したのは1982年の8月28日です。

大杉漣さんは結婚して、嫁さんと都内で暮らしていたので、
出生も、当然東京都内の病院です。

学生の頃から写真家を志しており、
若い頃から海外に行ったりと、
国際的な経験をたくさんされています。

2004年にはロンドン大学にて写真の知識を深め、
帰国した後はアシスタントの仕事をしていたみたいです。

ザッコに所属し、雑誌・テレビ・広告など、
幅広いジャンルで活躍されています。

震災があった際にはチャリティ活動をし、
人間的にも父譲りの優しい面をお持ちます。

やはり素敵なお父さんの元に育った長男は、
凄ぶる良い大人の男性に育つのでしょう!

そんな大杉隼平さんですが、
実は父・漣さんの最期には立ち会えなかったようです・・・。

スポンサーリンク



写真家の隼平氏「最期に立ち会えず」

大杉隼平さんは自身のツイッターを更新し、
こう綴っていました。

「父。大杉漣が他界しました。あまりに突然の事でまだ信じられません。最後に立ち会うこともできず、ありがとうございます。を伝えることもできませんでした」

最後に伝える言葉があるとしたら、
「ありがとうございました」だったと推測できます。

まさかの急死ということで、
最後に会話をすることができなかったのは悔やまれますね・・・。

現在は撮影のために新潟にいたらしく、
都内に戻り、気持ちの整理ができてから、改めて挨拶をしたいそうです。

律儀で誠実な言葉・・・とてもツイッターの上から発信されるような言葉ではないです。自分たちも見習わないといけませんね!

3日前には食事

そんな最期に立ち会えなかった長男ですが、
3日前には一緒に食事をしていたそうです。

仕事していた新潟から急遽帰ってきた大杉隼平さんは、
自宅の近くで取材に応じたそうです。

短い期間の間に顔を合わせていたことは、本当によかったです。

大杉さんの長男の写真家・隼平氏(35)が21日夜、都内自宅近くで取材に応じた。仕事で訪れていた新潟県で訃報を聞き、急きょ帰京したという。「詳しいことは聞いていない。信じられない気持ちが強い。病気は特になかったと思う」と明かした。最後に大杉さんに会ったのは3日前で、一緒に食事をした。隼平氏は「父親としても人としても尊敬している。いないということが信じられない」と言葉を振り絞った。引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802220000139.html

大杉漣さんは特に病などなく、
あくまで健康な方だったらしいです。

そういう話を聞くと、なおさら急性心不全というものの恐ろしさが増します。

人としても尊敬しているという父の背中を見て育った長男は、
この先、写真家として、世の中に素敵なアートをたくさん残してくれるとでしょう!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です