広末涼子の回顧が凄い!加藤剛の死去(死因は胆のうガン)画像有り

スポンサーリンク

広末涼子の回顧が凄い!加藤剛の死去(死因は胆のうガン)画像有り

90年代から00年代前半を駆け巡った大女優・広末涼子さんですが、
その彼女の回顧が凄いことになっているのです!

それは今から20年前に発売された写真集「No Make」にて、
500日もの密着取材と、約5万にもなる写真を載せて、
当時、25万部を超えるヒットを記録したときの話です。

全盛期の中にいた広末涼子さんが、
当時の生活を回顧し、
その内容がすごいと話題になっているのです。

広末涼子の回顧が凄い!

本人が回顧する20年前の生活は、
仕事が好きで、落ち込んでる暇もなく、
気づいたら寝てるという毎日だったそうです。

多忙でありながらも、
子供の頃から芸能界が夢だっただけに、
その生活を楽しめていたそうです。

当時の広末涼子さんは、
出演したポケベルのCMのポスターが、
都内から盗まれたりと、社会現象にまでなりました。

さらに歌手としてもCMソングランキングで1位を獲得するなど、
女優以外のジャンルでも芸能界のトップに君臨してました。

しかし、いつしか、あまりの忙しさに奇行が目立つ時期があったのです。

その時期には引退説まで出ていたのです・・・。

広末さんの回顧の中身には、
その当時の奇行していた時期もあると期待され、
今回、20年ぶりにデジタル化された「No Make」が再ブームになるかもしれません。

ネットの反応では、20年前に写真集を買った方などが楽しみそうなコメントを残しています。

きっと、当時の彼女を追い続けたファンからすると、
今回の再発売は願ってもないサプライズであったことでしょう!

スポンサーリンク



加藤剛の死去(死因は胆のうガン)

時代劇ドラマなどで活躍した、
俳優の加藤剛さんが、
今年2018年の6月18日に無くなっていたそうです。

80歳までに時代劇で活躍を続け、
今年の2月には「今夜、ロマンス劇場で」に出演されていました。

死因は胆のうガンだったそうです。

9月22日に「お別れの会」が開かれ、
密葬はすでに終わっているそうです。

早稲田大卒業後、俳優座養成所に入り、昭和37年にテレビドラマ「人間の条件」の主役を演じて、一躍スターに。端正な顔立ちと清潔なイメージで、正義感の強い役柄が支持された。中でも人間的温かみを持った名奉行を演じたテレビ時代劇「大岡越前」は当たり役となり、約30年間、お茶の間を楽しませた。引用:産経ニュース

長く現場で活躍されたベテラン俳優ということで、
若手からのリスペクトが半端なく、
さらには劇中で演じる役も、
頼もしい兄貴分が多かったです。

私生活でも作品の中でも、
ずっと男前を貫いた、
まさに昭和の名優だったのです。

最後までかっこよくいてくれる俳優さんが、
今後、何人出てくるのか・・・。

仕事だけでなく、私生活的な部分でも、
加藤さんの代わりは二度と現れないことでしょう!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です