高畑勲が死去。死因と病名(心臓病?)。葬儀告別式の日程。

スポンサードリンク

高畑勲が死去。死因と病名(心臓病?)。葬儀告別式の日程。「火垂るの墓」や「平成ぽんぽこ」などの映画監督で知られる、
高畑勲さんですが、昨日の2018年4月5日に死去されました。

今年で82歳になっていた高畑勲さんですが、
高齢になって元気にイメージが強かったので驚きの声が相次いてます。

宮崎駿さんと並ぶ日本アニメーションの大物で、
高畑勲さんと宮崎さんがいなければ、
今のスタジオジブリも生まれてなかったかもしれません。

高畑勲が死去。死因と病名

高畑勲さんは昨年の夏頃から体調を崩され、
入退院を繰り返していたそうです。

それまでずっと元気だったので、
まさに「突然」ですね。

昨今は、巨匠と呼ばれる方でも、
長く生きられる方が多いので、
高畑勲さんはもう少し長く平気だと思っていました。

宮崎駿監督(77)と並ぶ日本アニメーション界の巨匠で、ジブリ映画「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」などを監督した高畑勲氏が5日、東京都内の病院で死去した。82歳だった。

関係者によると、高畑監督は昨年の夏頃に体調を崩し、その後入退院を繰り返していた。心臓が悪かったという情報もある。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000503-sanspo-ent

気になる病気の名前は報道にないですが、
後日、正式に公表されると思います。

入退院を繰り返していたということで、
老衰ではないと思いますが、
心臓病との憶測もありますが、ガセネタの可能性が強いです。

かつては2009年までに禁煙を始め、
私生活は健康的になったいましたが・・・。

スポンサードリンク



葬儀告別式の日程

昨年の夏頃から体調を崩された高畑勲さんですが、
秋ころに会った方は、以前よりも痩せた高畑勲さんの姿をみたようです。

いつまでたっても元気だった高畑勲さんが、
体を支えられて歩く姿は、大変ショックだったことでしょう。

昨年11月に高畑監督に会った別の関係者によると、以前よりも痩せていて、歩く時は体を支えられていたという。この関係者は「子供のような好奇心でキラキラした表情が印象的な人だが、元気がなく、全く違った人みたいだった」と話した。通夜、葬儀は近日中に営まれる。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000503-sanspo-ent

高畑勲さんの通夜、葬儀、告別式は、
近日中に行われるそうですが、
まだ日程は公表されていません。

参列者の中には大物の映画人が並ぶと思いますが、
その中、どのような挨拶があるかも注目です。

今まで映画界の偉人が亡くなった時に、
高畑勲さんが追悼文を出して話題になることが多かったですが、
ついに、高畑勲さんが書かれる側になってしまいました。

最後の最後に「かぐや姫」という名作を残してくれたことは、
大変素晴らしいと思いますが、これから次の作品がないと思うと辛いです。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です