松本龍 死去。死因は肺がん。現在は何をしてる?工藤会は関係なし

スポンサーリンク

松本龍 死去。死因は肺がん。現在は何をしてる?工藤会は関係なし

元衆議院員の松本龍さんが死去されたそうです。

かつては2011年の大震災にて、
問題発言が問題視された方でしたが、
のちに復興担当相を辞任してました。

そのあとの活動から亡くなるまで、
松本龍さんはどのような人生を歩んでいたのでしょうか?

松本龍 死去。死因は肺がん

松本龍さんが亡くなられたのは、
今日の2018年7月22日でした。

死因は肺がんです。

福岡の病院で亡くなられたそうです。

松本 龍氏(まつもと・りゅう=元民主党衆院議員、元復興担当相)21日午前0時55分、肺がんのため福岡市内の病院で死去、67歳。

 福岡市出身。葬儀は23日午後1時から福岡市中央区古小烏町70の1のユウベル積善社福岡斎場で。喪主は妻珠美(たまみ)さん。引用:時事通信

一時期、大きな注目を集めた方ですが、
最後の最後まニュースに需要がありました。

松本さんが亡くなられると、
多くの方が反応して、コメントを残してます。

全てが否定的なコメントではなくて、
中には松本さんをフォローする肯定的なコメントも多くありました。

なんだかんだで魅力的な方だったということですね!

スポンサーリンク



現在は何をしてる?工藤会は関係なし

松本龍さんは有名な建設会社(ゼネコン)の家系に生まれました。

「部落解放の父」と呼ばれた、
「松本治一郎」元参院(副議長)を祖父に持ち、
その活動家としての強い血は発言の内容からも引き継がれていたことがわかります。

長く政治家として活躍された松本さんですが、
12年の衆院選で落選、14年の衆院選には立候補しませんでした。

大臣を辞めてからは一般人となって、
その後は活動の情報などがありません。

実業家としては、
福岡空港の筆頭地主(大地主)でもあったようで、
収入には困っていなかったようです。

一部では黒い噂もありますが、
これといって証拠もないので、
信用しない方が無難ですね!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です