sadsが年内で解散。ラストライブと現在のメンバー(清春,K-A-Z,YUTARO,GO)

スポンサーリンク

sadsが年内で解散。ラストライブと現在のメンバー(清春,K-A-Z,YUTARO,GO)

ヴィジュアル系が誇るカリスマ清春さんがフロントマンを務めるバンド、
sadas(サッズ)ですが、年内で解散することを発表しました。

sadsといえば、人気漫画「池袋ウエストパーク」のドラマ版の主題歌「忘却の空」がヒットしたことで知られてます。

1999年に結成してから休止と再始動を繰り返している歴史の長いバンドですが、
今回の解散報道は、これまでと同じように一時的な休止なのか、本当の解散なのか。。

新譜「FALLING」をリリースし、7月からの全国ツアーを発表したばかりという状況ですが、綺麗に活動を締めるタイミングとしては全然ありえます。

実際に解散を発表した公式アカウントの中身を読んでると、生々しくも本当のように思えます。

sadsが年内で解散

sadsは公式ツイッターを立ち上げていますが、
解散の報告があったのも、そのアカウント内です。

6月21日のsadsの公式アカウントにて、

「June 21, 2018 サッズからお知らせとなります。新体制による再始動7周年を迎えました今年2018年をもって活動を休止致します。1999年のデビュー以来約20年間、支持して下さったファンの皆様に感謝致しております」

と発表されました。

また、近日発売されたラストアルバム「FALLING」と、
そのリリースツアーに対しても「最後の宝物」と表現して言及されました。

全国のツアーの発表の後にての発表と考えると、
今までと本気度が違って、本当に解散するものかと思います。

天国と地獄を味わった魅力あるバンドでしたが、
ここで最後だと思うといろんな思い出がこみ上げてきて悲しいですね。。

スポンサーリンク



ラストライブと現在のメンバー

sadsといえば、幾度もメンバーチェンジを繰り返してきた歴史があります。

結成当初のメンバーは清春さんしかおらず、
サポートメンバーに頼る時期もありました。

現在のメンバーは、
ギターのK-A-Z,
ベースのYUTARO,
ドラムのGO、
そしてボーカルの清春さんです。

2010年から動き出して、
2018年まで毎年ライブを繰り返してきました。

今年の「TOUR FALLING」が最後のツアーだと思われます。
ツアー日程はこちらです。

7月6日 マイナビBLITZ赤坂
7月21、22日 梅田CLUB QUATTRO
7月28日 名古屋BOTTOMLINE
8月3日 HEAVEN’S ROCKさいたま新都心
8月17日 高崎club FLEEZ
8月23日 柏PALOOZA
9月8日 松本Sound Hall a.C
9月9日 富山MAIRO
9月27日 京都FANJ

-EVERLASTING TRUTHS-
9月29日 岡山CRAZYMAMA KINGDOM

10月5日 水戸LIGHTHOUSE
10月12日 浜松Live House窓枠
10月19日 HEAVEN’S ROCK熊谷

11月6日 渋谷WWWX
11月14,15日 新宿LOFT
11月20,21日 代官山UNIT
11月27日 下北沢GARDEN
11月30日 品川Stellar Ball

箱の大きさ的に、チケットは争奪戦が予想されます。

ただ、最後の最後に品川で締めるのは、
どこからバンドのイメージと会いません。

本当のラストライブがいつどこになるかは、
最後の最後まで様子を見ないといけません!

箱で始まり箱で終わるというのが、このバンドの美学に沿ってる気がします。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です