ひょっこりはん 著作権侵害疑惑。楽曲制作者の悲しみ

スポンサーリンク

ひょっこりはん 著作権侵害疑惑。楽曲制作者の悲しみ

最近、特徴的な音楽でネタを披露する、
吉本興業に所属する芸人「ひょっこりはん」さんが、
テレビなどメディアに多く登場するようになりました。
 
どんどん名が売れてきたひょっこりはんですが、
ここにきて、まさかのアクシデントに見舞われました。
 
なんと、今まで使用してきた音楽が、
無許可での使用であったことで、
著作権侵害疑惑をかけられているのです。
 
ひょっこりはんさんが無断して使用してきたとされる、
音楽を作ったサイトの管理人の方が、
サイトの中で、経緯と共に心境を明かしました。
 
 

ひょっこりはん 著作権侵害疑惑

ひょっこりはんが無断で音楽を使用したとされるサイトは、
音楽サイト「MusMus」で、曲名は「sonorously box」です。
 
テレビでも何度も流れたあの曲が、
まさか無許可だったなんて、
誰も想像していなかったですね・・・。
 
サイトの管理人が、
サイトの中で経緯を説明されていました。
 
2017年以前 当サイトの楽曲の使用が始まる
2018年4月初旬 規約違反動画について日清食品に確認、2次配布されていることが判明
2018年4月初旬 芸人側とコンタクト、後追いで規約に準じていただければ良い旨伝える
2018年5月末 楽曲が改変されて販売されていることに気づく
2018年5月末 上記抗議と販売停止を依頼
2018年5月31日本日 抗議から1週間何も進展なし
 
およそ2年間の攻防が続いてるんですね・・・。
 
ちなみに違反の内容に関しては、
 
・著作権表記をしていない
・著作権表記をしない場合の利用料を支払っていない
・他の企業などに「フリー音源」として二次配布を行った
 
と簡潔にまとめて書かれています。
 
現段階でこの曲で多くの収入を得ており、
さらには、テレビでも度々流されているのです、
実際に払わないといけない場合、その額は巨額です。。
 
今後、ひょっこりさんは著作権の侵害に該当され、
違約金を払わないといけない羽目なるのでしょうか・・・。
 
制作者の悲しみの声に同情する方が多く、
この問題は、解決するまでネットで物議を醸しそうです。
スポンサーリンク



 
 

ひょっこりはんのプロフィール

 
著作権違反疑惑をかけられ、
名前が一気に知られたひょっこりはんですが、
あまりテレビを見てない人からすると、
「誰?」という感じで、まだまだマイナーな方です。
 
ひょっこりはんの経歴を振り返り、
どのような芸人さんなのか知ってみたいと思います。
 
本名 :宮下聡(みやした さとし)
生年月日: 1987年4月28日(31歳)
出身地:日本・滋賀県守山市
血液型:B型
身長:174cm
方言: 関西弁
最終学歴 :早稲田大学人間科学部卒業
出身 :NSC東京校18期
コンビ名 :トロフィーズ(ダイキリ)
(解散)
相方: 南部幸一(元相方)
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 :2012年 – (ピン芸人としては2016年4月から)
同期 :おばたのお兄さん、レインボー、ガンバレルーヤ、濱田祐太郎
 
なんとまだ31歳と若い!
 
そして、早稲田大学出身と、
以外にもエリートということがわかりました。。
 
2浪して入学し、卒業後は就職もせずにお笑い学校に通ったそうです。
 
最近話題の「おばたのお兄さん」と同期ということで、
どれだけ若手の方なのかがわかりますね!
 
決して頭は悪くなく、
世間知らずでもなさそうですが、
なぜ、無許可で音楽を使ってしまったのか・・・。
 
最近で始めたばかりですが、
今後は、ブレイクも予想されていました。
 
今回の著作権侵害疑惑にて、
今後の芸人のキャリガどのようなことになるのか・・・。
 
おそらく、吉本は助けてくれない??笑

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です