「ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大なベーシスト10人」のまとめ
スポンサーリンク

このロースト誌独自のランキングの中でも、

ネット上に情報が少ないのがベーシストバージョン。

 

実際にローリングストーン誌の中でベースにフォーカスした記事は少なく、

こうやって「もっとも偉大な!」と特集されることも少ない。

 

やはりベースの評価は難しい?

やはりベースの評価は難しい?

 

やはりベーシストは人気バンドであっても認知が低いことが多く、

ローストの編集者も需要を気にして書きたがらなかったのだろう。

 

名バンド以外のベーシストを知ってる人が、

世の中にはどれだけいるでしょうか?

 

ベースのランキングに関して言えば、

圧倒的に所属してるバンドの偉大さの恩恵を受けると思います。

 

今回ローリングストーン誌で特集された、

「ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大なベーシスト10人」はこちら!

スポンサーリンク

「ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大なベーシスト10人」

10位 ヴィクター・ウッテン
9位 クリフ・バートン(メタリカ)
8位 ジャック・ブルース
7位 ジャコ・パストリアス
6位 ジョン・ポール・ジョーンズ(レッド・ツェッペリン)
5位 レス・クレイプール
4位 ゲディー・リー
3位 ポール・マッカートニー
2位 フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ )
1位 ジョン・エントウィッスル(ザ・フー)

 

主に60年代から80年代のバンドからのランクインが多く、

ツェッペイリン・ビートルズ・ザフー・レッチリなど、

世界的に有名なネームバリューのバンドのベーシストが登場し、

ロースト誌的には珍しく、「予想通り」のランキングになっている。

 

ベースの良さって難しいし、

偉大さも難しい。
きっと、たくさんのロックファンに、

同じランキングをつくらせても、

登場する名前はこのロースト誌と、

大して変わらないものになるだろう。

 

クリフ・バートンに関して言えば、

いる時といない時とで、メタリカの様子が豹変し、

彼が去った後のバンドを知る人は、その存在価値は重々実感するでしょうね!

 

「ローリングストーン誌が選ぶ最も偉大な100人のドラマー」

「ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大なベーシスト10人」

「ローリングストーン誌の選ぶ史上最も過小評価されている25人のギタリスト」

「ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大な100人のギタリスト」

「ローリングストーン誌が選ぶアルバムベスト500」

スポンサーリンク
おすすめの記事