小室哲哉がツイッター削除。インスタは消さないで!SNSを消したい理由

スポンサードリンク

小室哲哉がツイッター削除。インスタは消さないで!SNSを消したい理由すでに引退している元音楽プロデューサーの小室哲哉さんですが、
いまだに、彼が業界を去ることを実感していない方が多いようです。

小室哲哉さんは昨日、自身が長年更新していたTwitterのアカウントを削除。

すると、多くのファンから悲鳴が出ました。

引退したのだから、そりゃ当たり前・・・と思いますが、
一部のファンは密かにSNSアカウントの更新を期待していたようです。

小室哲哉がツイッター削除

小室哲哉さんがこれまでにTwitterで投稿した内容は、
これといって、やましいものもなければ、炎上するような要素もなく、
ネットに残り続けて不憫なものではありませんでした。

仮に引退後にアカウントが残ってても、
特に悪くは思われなさそうですが・・・。

音楽プロデューサー小室哲哉(59)のツイッターアカウントが無くなった。いつ無くなったかは不明だが、20日午後10時の時点で「このページは存在しません」との表示が現れた。インスタグラムは同時刻現在、継続しており、フォロワーからは「お願い。消さないで」と悲痛な声が寄せられている。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000136-dal-ent

小室哲哉さんがアカウントを消したとニュースになったのは昨日の夜ですが、
実際にはもっと早くからアカウントは消されていたようです。

引退したのだから消して当然だとは思いますが、
改めて引退を実感する意味で、喪失感を感じます。

引退を発表してから、
最後にファンに一言あるのかな?なんて期待していたり・・・。

インスタは消さないで!

小室さんがツイッターを消した反応は、
インスタのコメント欄に多く出ました。

これからインスタも削除するのではないか?と、
ネット上での公式アカウントの完全終了を懸念した声があります。

インスタにはフォロワーから「こちらはそっと残しておいてください」「お願いです、このインスタのアカウントは消さないでください」「ここを無くさないで」「ここは消さないで」「てっちゃんの音楽で育ち、励まされて生きています。少しでも繋がっていたい」などと引退を表明した小室とのつながりを求めるファンの悲鳴にも似た声が寄せられている。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000136-dal-ent

かつてはKEIKOさんの写真が登場してファンを歓喜させたり、
いろんな悲しみや喜びを与えたアカウントだっただけに、
ファンは小室さんのインスタに思入れを託してるようです。

そもそもインスタのSNSとしての需要がずっと続くことはありませんから、
削除しなくても、いつかは静かに忘れられる・・・と思います。

この先もインスタを残すのか削除するのかわかりませんが、更新されない幽霊アカウントにしておくほうが寂しいのかもしれません。

スポンサードリンク



SNSを消したい理由

看護師さんと不倫をしてしまったことで、
引退への決断が早まった小室さんですが、

SNSには嫁さんへの想いも綴られていたということで・・・。

この先、嫁さんと離婚になるのか、
円満で夫婦を続けるのか、その部分はわかりませんが、
別れることになった場合は、気持ちの整理としてSNSの削除は必要に思えます。

ずっとアカウントを残すにしても、
お酒が入った時などに魔が差して、
つい更新してしまう・・・なんてこともありそうです。

引退したからには、SNS関連は削除するべきと考えるのは自然で、
さらには、夫婦として残るものがある場合は、この先の決断次第では消すのは当然です。

よく学生さんが恋人との専用のアカウントを作って、
別れた瞬間にいち早く削除するようなケースがありますが、
あのようなケースとはちょっと違った意味でも、この先の保持は難しそうです。

消して欲しくないファンの心理

ツイッターが消えたことに対して、
多くのファンが悲鳴のコメントをインスタに残しています。

世代的に小室さんの音楽がトレンドであった方たちもいますし、
その年代の方でインスタを始めた人は、最初に小室さんをフォローしてたり・・・。

そもそも小室さんの引退に対して異論があり、
わざわざ引退する必要もなく、今後も戻ってきた欲しいと考えている方も多いです。

SNSの消す消さないでここまで盛り上がれる小室さんは、やはり日本の宝ですね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です