WHAM!(ワム)のLast Christmas(ラストクリスマス)の歌詞和訳(英語→日本語)

スポンサーリンク

WHAM!(ワム)のLast Christmas(ラストクリスマス)の歌詞和訳(英語→日本語)WHAM!といえばクリスマスシーズンになると、
「ラストクリスマス」と頻繁に流れるイメージがあります。

個人的には好きなクリスマスソングの1つに数えてますが、
自分からすすんで再生するというよりも、
町やお店から流れてくる曲を楽しんでる形ですね。。笑

そんなWHAM!のラストクリスマスですが、
実は自分は中学生の頃の英語の授業にて、
歌詞翻訳を勉強したことがあったのです。

当時、皆「ベイビー」というセリフに対して、
過剰に反応して「これは・・・」と微妙なリアクションでした。

しかし、今翻訳を見て振り返ってみると、
やはり良い曲だなと実感するのです。

やはり大人にならないと伝わらない名曲感ってありますね!

WHAM!(ワム)のLast Christmas(ラストクリスマス)の歌詞翻訳

Last Christmas
去年のクリスマス
I gave you my heart
僕は君にハートを捧げたんだ
But the very next day you gave it away
でも君は次の日にそれを捨て去った
This year
今年は
To save me from tears
涙を流さないように
I’ll give it to someone special
僕はそれを(誰か他の)特別な人にあげるんだ

Once bitten and twice shy
一度噛まれたら二度目は臆病になる
I keep my distance
君とは距離を置いたけど
But you still catch my eye
いまだに君は僕の目を奪うんだ
Tell me baby
教えてよ
Do you recognize me?
僕のこと覚えてる?
Well
まあ
It’s been a year
あれから一年経つから
It doesn’t surprise me
もう驚かないけどね

(Happy Christmas)
(よいクリスマスを)
I wrapped it up and sent it
僕はそれを包んで送ったさ
With a note saying “I love you”
「愛してる」ってメモを添えてね
I meant it
本気だったよ
Now I know what a fool I’ve been
僕がバカだったのは、今なら分かるよ
But if you kissed me now
でも今君がキスしてくれたら
I know you’d fool me again
きっとまた僕は騙されちゃうだろうね

×2

A crowded room
混み合った部屋
Friends with tired eyes
疲れた目をした友達
I’m hiding from you and your soul of ice
僕は君と 氷のような君の心から隠れてる
My god
ああ
I thought you were someone to rely on
君なら信頼できると思ってたよ
Me?
僕かい?
I guess I was a shoulder to cry on
僕は都合のよい存在だったんだ

A face on a lover with a fire in his heart
心に火を灯した僕の顔
A man under cover but you tore me apart
隠してたけど君は僕をずたずたに傷つけた

Now I’ve found a real love
でも今は本当の愛を見つけたんだ
You’ll never fool me again
君はもう僕を騙すことはできないよ

×2

A face on a lover with a fire in his heart
心に火を灯した僕の顔
(I gave you mine)
(僕は君に愛をあげたんだよ)
A man under cover but you tore him apart
隠してたけど君は僕をずたずたに傷つけたんだ
Maybe next year I’ll give it to someone
来年はきっと他の誰かに愛を捧げるよ
I’ll give it to someone special
誰か他の素敵な人に

スポンサーリンク



実はひどい女への当てつけ?

歌詞をよく読んでみると、
どこか穏やかでない表現もあります。。笑

実は歌の主人公が過去の女性に対して、
クリスマスの思い出をなぞえて、
最大の皮肉を送っているような解釈もできるのです。

ロックというよりもポップ、バラードではなくて明るいナンバー、
そういうステータスからも、知らず知らずのうちに明るいラブソングだと思われがちですが、実は歌詞の中には深い深い憎しみも眠っている・・・ということです。

今年こそは最高の女性と出会って、
最高のプレゼントを送るんだ!

そんな意気込みもあるので、
実はクリスマスに失恋した人にとって、
最高の励みになる曲でもあるのかな?と。

ネット上ではラストクリスマスに秘められた、
本当の歌詞の意味を拡散したページもあるので、
今後数年後に、曲の扱い方が変わってるかもしれません。

日本では少し前にドラマで使用され、
素敵なクリスマスソングなイメージが根付いてますが、
あのドラマの物語の中でも、実は前の恋人に対する闇が隠れてたりするのです。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です