エルレの復活Liveのセトリ非公開とチケットとグッズ(メルカリ)の転売(値段)

スポンサードリンク

エルレの復活Liveのセトリ非公開とチケットとグッズ(メルカリ)の転売(値段)

2018年8月8日の今日、
新木場スタジオコーストにて、
ついにエルレガーデンが復活ライブを行いました。

新木場、仙台、ZOZOと続く短いツアーですが、
復活発表からチケット発売から、今後ZOZOまで続く転売の話題など、
エルレファンにとっては濃厚な数ヶ月となっていることでしょう。

新木場のライブの中で細美さんは、
ライブのレポートを書くように冗談で語っていましたが、

もっとも収容人数の少ない会場で、
復活ライブを拝めた方の思い出は貴重なので、、

その大切な思い出を多くの参戦できなかったファンと共有するのは素敵なことだと思います。

しかし、ZOZOの公演が終わるまで、
セトリの公開は控えてほしいとのことです。

エルレの復活Liveのセトリ非公開

ファンとの絆の熱いエルレですが、
その絆の深さが意外なところで露呈されています。

それは「セトリを書かない」ということです。

どのアーティストにも、
必ずセトリを書くファンの方っています。

それはアーティストが「書かないで」と言ったとしても、
一定数の方はいうことを聞かないで書いてしまったります。

しかし、今回のエルレの復活ライブは、
SNSを通じても、誰もセトリを書いたりしてないのです。

さらには人気ライブのセトリがすぐに上がる大手サイトでも、
いまだにエルレの新木場公演のセトリがレビューされていないのです。

一曲目に「Supernova」が演奏されることは、
多くのファンが憶測しており、
そこはエルレ側も承知だったと思いますが。

さすがと言ったら他のアーティストのファンに失礼ですが、
それだけ特別な意思でライブを迎えたファンが多かったってことでしょう。

ツアーのセトリの公開は、
初参戦の方が予習のために見るのに良かったりしますが、
今回は、「おかえり」と「ただいま」のキャッチボールがしたい、
エルレを10年間待ちづつけたファンとの絆が優先されることでしょう。

スポンサードリンク



チケットとグッズ(メルカリ)の転売(値段)

エルレは先行販売が終わった時点で、
チケット転売サイトで高額で転売チケットに溢れたことで、
一般発売の目前で、急遽、入場規制をすることになりました。

このいきなりの入場規制に、
多くの転売屋が泣かされたと思いますが、
今度は「同行者」を募集する手段で、
不埒な条件を突きつける方で溢れた問題もありました。

さらに、今日の復活ライブ当日には、
グッズ販売が開始されて終わってから、
すぐにメルカリにて、高額でグッズが転売されていたのです。

500円のキーホルダーが3000円で売られたり、
これにはエルレファンもたまったものではありません。

以前からグッズの転売は問題になっていました。

過去、自分が行った海外の大物アーティストのライブにて、
前のおじさんが多種類を数枚買い占めているのを見たことがあります。

需要の大きいライブだったので、売り切れることはなかったですが、
自分的には単純に並んでる時間を多く取られることにムズムズした思い出あります。

チケットの転売も問題ですが、
グッズの転売も問題です。

アーティストの懐に入らないお金が回るのは、
ファン的に気持ち良いものではないですし、
売り切れててに入らなかったり、後ろで長く時間を待たされたり、
本当に踏んだり蹴ったりなのです。。

今後、フリマアプリなどでも、
ライブグッズの取り締まりなどがあれば嬉しいですね・・・。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です