川谷絵音と松本愛(彼女?)。インスタグラムでお泊まり熱愛も’ただの友人’(週刊誌画像)

スポンサーリンク

川谷絵音と松本愛(彼女?)。インスタグラムでお泊まり熱愛も’ただの友人’(週刊誌画像)

ベッキーさんとの不倫騒動に続いて、
今度は若いタレントの「ほのかりん」さんと交際し、
年々、プライベートでの女性事情が報じられている、
ゲス極の川谷絵音さんですが、
何度、今度は、
元カノのほのかりんさんの友人の、
モデル・松本愛さんとの交際が報じらてます。
やはり、良いバンドのボーカルはモテる・・・。
これはとても嬉しいことですが、
バンドの活動に悪影響を与えるような、
以前のような交際でないことを祈りたいですね。

川谷絵音と松本愛のお泊まりデート

川谷さんと松本さんの交際を報じた週刊誌では、
二人の密会を、5月上旬にマンションの下で目撃したようです。
最近、新しいマンションに引っ越したとされる川谷さんですが、
タクシーで自身の住むマンションの前に止まり、部屋に入ると、
時間差で、モデル・松本愛さんが乗ったタクシーが到着したそうです。
松本さんとは手慣れた手つきで、
マンションのオートロックを解除し、
川谷さんと同じ部屋に向かったと書かれてますが、
この部分は詳細不明・・・。
ただの偶然だったとしたら、ちょっとまずい報じ方ですね。
しかし、二人が昨年の夏に、
ダブルデートとして遊んでる背景があるので、
そのように誤解されることは、仕方ないですね。
証拠としては、
松本さんが二人分の手料理をアップしたとか・・・。
川谷さんに話を聞こうと、
記者が突撃すると、
特に何も話さずに口を閉ざしたそうです。
事務所は二人の交際を肯定していません。
スポンサーリンク



川谷絵音の彼女?松本愛のプロフィール

川谷さんの新しい彼女として週刊誌に取り上げられた松本愛さんですが、
過去にどのような経歴を辿った方なのか、調べてみました。
1994年4月5日生まれ
出身地 埼玉県出身
血液型 O型
身長 163センチ
スリーサイズ 80 – 56 – 85 cm
靴のサイズ 23 cm
2011年より「Popteen」の“黒髪美女”としてティーンから人気を博し、2015年10月号で卒業。同年12月に「JELLY」専属モデルを務める。
雑誌の中ではモテキャラとして、多くの女性ユーザーに人気で、
彼女の更新するSNSなどは大人気で、読書に大きな影響を与えていました。
世間的には「王様のブランチ」でのリポーターのイメージが強いですね。
以前に川谷さんと噂になったほのかりんさんとは、
長い友人関係にあるようです。
2017年の夏に川谷さんとほのかりんさんとの、
男女4人組のダブルで旅行したことが報じらてました。

インスタグラムでお泊まり熱愛バレる?(週刊誌)

週刊誌では、お泊まり疑惑の後に、
松本さんがインスタグラムにて、
2人分の料理をアップしたことが、
川谷さんの部屋に行ってた証拠としてます。
しかし、その料理の写真が見つからない・・。
もう削除したんですかね?もしくはただの噂??
もともと松本さんは、
元彼にメンヘラが多いと語っていました。
川谷さんがメンヘラかはわかりませんが、
少し特殊なタイプな方なのは間違いありません。
以前に「アウトデラックス」に出演した際には、
川谷さんの日常について知ると、
マツコさんは「もともとヤバイ」と話されていました。
互いに過去に交際していた彼氏彼女の特徴をあげるなら、
二人とも、タイプは重なっているようにも見えます。
真剣に交際するのであれば、
そのうち、どちらかがオープンに話されることでしょうね。

ほのかりんとネットの反応は?

川谷さんの女性の噂があると、すぐにネガティブな書き込みがあります。
やはり、以前のベッキーさんとほのかりんさんの件で、多少なりとまずいことがあったせいでしょう。
今回は元カノの友人の女性ということで、この繋がりの部分を悪く言われているようです。
ほのかりんさんは特に何も反応がないですが、交際してた時期のSNSの印象がアクティブだったので、今後、何かしらSNS上から間接的なメッセージやサインを送る可能性はありそうです。
もともと、松本さんとほのかりんさんが、どれだけの深い仲の友人だったのか・・・・。
ひとまず、川谷さんが良いバンドのモテ男であることは、冷静に認めないといけませんね!

川谷絵音がツイッターにて「昔からの友人」

交際報道がワンテンポ後に、川谷さんが自身のツイッターにて、松本愛さんとの交際を真っ向否定しました。
「元カノの友達?いや、俺の昔からの友達なのだけれど…」と否定。
また、すでに交際が確信されたかのようなネットの記事に対しては、
「言い方やネットニュースの記事をいまだに信じきっている人の多さ。黙っとこうかと思ったけど、大事なことなので言いました」
とつぶやきました。
以前まではオープンに語ることが多かった彼のことですから、これは川谷さん側の言い分を信じてみたいと思いました。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です