星野源が病気のパニック障害・不安神経症を語る(デマ?)。克服するまで何年間?現在と原因のいじめ(情熱大陸・動画)

スポンサードリンク

星野源が病気のパニック障害・不安神経症を語る(デマ?)。克服するまで何年間?現在と原因のいじめ(情熱大陸・動画)近年、メディアへの出演が大幅に増えた星野源さんですが、
現在はもう36歳になります、その人生経験の濃さは同年代のアーティストを圧倒しています。

少し前にはくも膜下出血で倒れたことありますが、
実はそれよりも以前に、病気に悩まされた時期があります。

星野源さんが過去に悩まされた病気は、
「パニック障害」と「不安神経症」です。

これは現代の人が多く苦しんでる病気ですが、
この病気を克服した強さこそ、
星野源さんの内なり魅力の1つなのでしょう。

楽曲のヒットだけでなく、
「逃げ恥」での俳優としての演技力、
または雑誌「ダ・ヴィンチ」での毎月のエッセイなど、
何かと人の心掴む才能に恵まれていますが、
それはどん底まで苦しんだ過去があるからこそ、
味わった人にしかわからない深みがあるのだと思います。

しかし、星野源さんの過去の病気や、
その原因とは、具体的にどのようなものがあったのでしょうか?

星野源が病気のパニック障害・不安神経症を語る(デマ?)。克服するまで何年間?

実は星野源さんは小学生の頃から、
いじめに遭っていた過去を語ったことがあるのです。

近年、子供のいじめ問題が大きく取り上げられてますが、
そこで乗り越えられた方々の紹介で、
中川翔子さんらの名前と一緒に、
星野源さんの名前が出ることも多くあります。

しかし、星野源さんのいじめの思い出話しは、
「自分も頑張ろう!」と思えるというより、
「いじめってこんなに苦しんだ・・・」と思うような、
重たく、生々しい話ばかりです。

精神安定剤を飲んでいたことや、
高校生の頃には学校にいけなくなったり、
その過去は壮絶そのものです。

少年時代、いじめにあっていたという星野。それが原因でパニック障害を発症した星野は、精神安定剤を服用するような日々が続いたという。高校生になってもその症状は治らず、学校に行けなくなり、家も出れなくなった。そして、いわゆる不安神経症を患う。ひどく追いつめられた高校時代、星野はクレイジーキャッツの『だまって俺についてこい』という一曲に出会う。引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/8569103/

病気多き人生として、その価値観の繊細さは、
他のミュージションは桁外れ。

ある意味、星野源さんは日本版のマイケル・ジャクソンのような、
大変な境遇を乗り越えて頑張る意味で思います。

その強い感覚を持って作った曲だからこそ、
幅広い層に愛されているのかな?

今の星野源さんは多忙で睡眠時間も少ないですが、
それは自分に残された時間を意識しているのかもしれません。

人生観から何まで、星野源さんから学ぶことは多く、
30代のミュージシャンにして、最も渋い方だと思います。

スポンサードリンク



星野源の病気の現在と原因のいじめ(情熱大陸・動画)

星野源さんは過去に出演したテレビ番組「情熱大陸」にて、
病気当時の苦しさについて語っていました。

食べれない、飲めないという状況の中で、
病室のなかでじっとしてるように言われ、
何もできない状況の中、自意識が爆発しそうになったそうです。

わずか3ヶ月で復帰でき、
さらには後遺症もなく元気に活動してる姿を見ると、
古くからのファンは、現在の栄光を掴んだ姿を深い感銘を覚えていることでしょう。

過去に同じ病気の末、死去されたミュージシャンは多くいましたから・・。

星野源さんが強靭な精神力を持つことができたのも、
小学生の頃からのいじめ経験や、
それが原因でパニック障害を引き起こし、
高校生の頃には不安神経症までに症状は大きくなり、
完全な引きこもり生活になりながら、
何年間も苦しみ、それを克服した自信があったからでしょう。

ある程度、医療の力で助かる病気もありますが、
精神的な部分は、本人の強さがないと難しいですから・・・。

星野源さんが病気を乗り越えられたきっかけの1つに、
クレイジーキャッツの「だまって俺についてこい」という曲があったとされ、
その時に音楽が持つ可能性、強いさというものを感じ、
体の底から音楽を愛することができたのも、今の成功につながっていると思います。

くも膜下出血を乗り越えた後には20歳の頃の、
音楽に対するピュアな気持ちが戻ったと語っているので、
星野源さんにとっては、要所でアーティストとしてのターニングポイントになっているそうです。

試練のない人生などないとよく言いますが、
試練があって大きく進化できる人がいるとすれば、
星野源さんのような方のことを指してるのでしょうね!

しかし、日々スケジュールが詰まり、
前以上に忙しくなった現在、
再び、病気しないか心配されています。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です