hydeのソロライブハウスツアー2018の日程とチケット。名曲・オススメとセット予想

スポンサーリンク

hydeのソロライブハウスツアー2018の日程とチケット。名曲・オススメとセット予想hydeさんのすごいところは、いつどこでどのような曲を作ったとしても、
それなりに名曲を生み出し続けるというところです。

ラルク、ソロ、VAMPSと各方面でリリースした曲はリリースも安定してますし、カラオケの履歴にしっかりと残ります。

ラルクでのhydeさんこそ原点であり頂点であることには間違いないですが、
過去、ソロやVAMPSでテーマを持った活動・楽曲も素晴らしいのです。

最近のhydeさんはVAMPSの活動が中心でしたが、
ラルクの活動もちょいちょい続けていました。

そこで「あれ?ハイドってもうソロやらないの?」と、
過去にソロで産んだ名曲たちが今後聴く機会がないのか心配な声もありました。

しかし、そんな不安を一掃する嬉しいニュースがありました。

2017年12月にVAMPSの活動休止を発表し、約10年ぶりとなるソロプロジェクトを始動したHYDE。2018年最初のお披露目は3月3日および4日に開催中のファンクラブ限定イベント<HYDERoom presents「SNOW MONSTER HOTEL 2018」>だ。引用元:https://www.barks.jp/news/?id=1000152491

なんと、約10年ぶりにソロでのツアーを開始することを伝えたのです!

しかし、VAMPSの活動は休止・・・。体は1つしかないから仕方ないですね。。

hydeのソロライブハウスツアー2018の日程とチケット

hydeさんの10年ぶりのソロ活動の皮切りとなったのが3月3日から4日に開催されたファンクラブ限定イベント<HYDERoom presents「SNOW MONSTER HOTEL 2018」でした。

YUIKIさんや金爆やTERUさんと豪華なゲストを交えながら、今年の6月からライブハウスツアーを始めることを発表しました。

ゲームコーナー終了後にはHYDEが今後の活動についてふれた。先ごろ、アジアツアー<HYDE ACOUSTIC CONCERT TOUR 2018 -黑ミサ ASIA->の開催が発表されたばかりだが、HYDE自身の口から告げられたのは「6月から全国ツアーを開催する」というもの。多くのファンが待ち望んでいた嬉しいアナウンスに客席が沸いた。
<HYDE LIVE 2018>は、6月29日のZEPP TOKYOを皮切りにZEPP TOKYO 4DAYS、7月7日からZEPP SAPPORO 2DAYS、7月11日からZEPP NAGOYA 4DAYS、7月19日から仙台PIT 2DAYS、7月25日からZEPP OSAKA BAYSIDE 6DAYSといった5都市18公演の規模で行われる予定だ。引用元:https://www.barks.jp/news/?id=1000152491

スタートは2018年6月29日のZepp東京の4デイズからです。

7月7日の七夕からZepp札幌で2デイズ。

7月11日からZepp名古屋の4デイズ。

7月19日から仙台PITで2デイズ。

7月25日からZepp大阪で6デイズです。

日程

6月29日(金) ZEPP TOKYO
6月30日(土) ZEPP TOKYO
7月02日(月) ZEPP TOKYO
7月03日(火) ZEPP TOKYO

7月07日(土) ZEPP SAPPORO
7月08日(日) ZEPP SAPPORO

7月11日(水) ZEPP NAGOYA
7月12日(木) ZEPP NAGOYA
7月14日(土) ZEPP NAGOYA
7月15日(日) ZEPP NAGOYA

7月19日(木) 仙台PIT
7月20日(金) 仙台PIT

7月25日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月26日(木) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月28日(土) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月29日(日) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月31日(火) ZEPP OSAKA BAYSIDE
8月01日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE

短い期間にライブハウスの日程をぎゅうぎゅうにしてるということで、
最高の形で40代最後の日々にお別れを告げようとしてます。

体は保つのでしょうか?ライブハウスということで、ホールツアーとはまた違った疲れが来ます。

hydeさんだけでなくて、ファンも体を壊しそうな・・・。無理しない範囲で参加しないとマズイことになりそうです。夏の始まりで暑いですし。。

若いファンは大丈夫でしょうが、2000年代の最初から追いかけてるアラサー(自分のこと)や中年層は若い日々を思い出せますね!笑

スポンサーリンク



名曲・オススメとセットリストの予想

hydeさんはソロで主に3枚のオリジナルアルバムをリリースしました。

2001年に「rentgen」、2003年に「666」、2006年に「FAITH」と全てゴールドディスクのセールスを記録しました。

主にこの3枚の中からセットが決まると思いますが、
個人的に期待した楽曲は「HELLO」です。←はいミーハー

当時、中学生だった自分は、テレビのCMだけでなく音楽番組で散々このHELLOを聴いてました。惜しくもライブでは一度も聴いたことがないのです・・・涙。。

レントゲンの楽曲は透明感の強い世界観で、きっとセットの半ばに集結するのかな?と。

人気曲は666とフェイスに密集してると思いますが、ノリが素直な曲が多いフェイスの曲が序盤に集まると思います。(あくまで予想です)

自分の勝手な予想では、フェイスと666の人気曲を前半と後半に散らして、レントゲンの曲は中盤に置いてくのかなと。間違ってたらすみません・・・。

ラルクとVAMPSは?

昨年はラルクの周年記念ライブが東京ドームで行われましたが、
その前後に解散の噂がかき立てられたり、
さらにはVAMPSが活動休止を発表したり、
今後の動きがイマイチわかりづらく不安な1年でした。

hydeさんは休止にすると言えば、本当に長く休止にしてしまうので、
VAMPSのライブが次に見れるのは、ちょっと先になりそうです。

ラルクに関しては、ちょいょいはやっていくと思いますが、
どういう状態でどうしていくのか、まとまった発表が聞きたいですね。

新曲の発表とライブの発表にタイムラグが出ることが多いので、間に入る方々との決め事に時間がかかってるのか・・・。

仮にhydeさんのソロが新曲を連続してリリースするような状態になれば、相変わらずの亀さん歩行になりそうです。

ドームを簡単に埋める日本的なビッグバンドなので、次のステップの海外制覇を徹底的に行って欲しいなというのが願望もありますが、今のワンオクや狼たちのように海外の閑散とした場所からコツコツとファンを獲得してく体力と時間はあるのかどうか・・・。

全体像がキャッチしにくい形はしばらく続きそうです。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です