亀渕友香 死去(死因・病名)。肝細胞がんの原因と葬式と告別式は?ゴスペルとボイストレーニングの凄さ(画像・動画)

スポンサーリンク

亀渕友香 死去(死因・病名)。肝細胞がんの原因と葬式と告別式は?ゴスペルとボイストレーニングの凄さ(画像・動画)日本を代表するゴスペルシンガーである、
亀渕友香さんが死去されました。

現在までの亀渕友香さんの年齢は72歳と、
メディアを通して見る姿以上に、
歳を召してる方でした。

北海道生まれの亀渕友香さんは、
子供の頃からゴルペル歌手に憧れ、
当時にしてアレサ・フランクリンなどを聴いて育ったそうです。

邦楽界のアレサ的な存在になったということで、
その人生は美しも素晴らしかったことでしょう。

多くの歌手の方が、
亀渕友香さんを尊敬するように、
今後も歌声とボイトレノウハウは、
永遠に日本の音楽界に残ることでしょう。

亀渕友香 死去(死因・病名)。肝細胞がんの原因と葬式と告別式は?

亀渕友香さんが亡くなった原因は、
病名・肝細胞がんです。

前々から入院している噂などはありましたが、
まさか、この時期に死去されるなんて、
誰も想像もできなかったことでしょう。

元ニッポン放送社長でラジオDJの亀渕昭信氏(75)の妹でゴスペル歌手、亀渕友香(かめぶち・ゆか、本名・捷子=かつこ)さんが22日に肝細胞がんのため死去してきたことが24日、分かった。72歳だった。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000573-sanspo-ent

亀渕友香さんの誕生日は11月3日。

後少しで73歳の誕生日を迎えようという時期でした。

葬儀は近親者だけで済ますようですが、
後日にはお別れ会も開くそうです。

これまでに指導してきたシンガーは数知れず、
かなり多くの大物女性アーティストが集うと予想されます。

ジャズやブルースなど、ジャンル問わずに音楽に関わってきたため、
その関係者の多さは圧倒的な人数になると想像できます。

スポンサーリンク



亀渕友香のゴスペルとボイストレーニングの凄さ(画像・動画)

亀渕友香さんがボイストレーナーとして、
これまでに指導してきた方には、

杏里、山下久美子、久保田利伸、
大黒摩季、MISIA、SPEED、倖田來未、
MAX、小沢健二、和田アキ子、
研ナオコ、平井堅、持田香織、
など誰もが知る、歌唱力に定評のあるボーカリストたちです。

さらには、米倉涼子、観月ありささんなど、
ミュージカルでも活躍される女優さんをも指導してきました。

そのボイストレーニングの内容のノウハウは、
のちに発案されたボイトレに大きな影響を与え、
邦楽ボーカリストの歌唱力に上昇に貢献されました。

1968年にR&Bグループ、リッキー&960ポンドのボーカルとしてデビュー。その後、ゴスペル歌手の第一人者として活躍し、93年にはコーラスグループ、亀渕友香&VOJAを結成し、伸びやかかつパワフルな歌声で人気を博した。ボイストレーナーとして後進の育成にも尽力した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000573-sanspo-ent

教えるだけでなく、
本人のボーカルの凄まじさも評判で、
これまでに多くの会場を沸かせました。

歌手としても、指導者としても、
ここまで名声を手にいれた方は珍しく、
きっと、今後も亀渕友香さんのような方は登場しないことでしょう。

ある意味、原点であり頂点であった亀渕友香さん。

もう歌声も、指導姿も見れないと思うと、
日本の音楽シーンも変わっていくんだなと思います。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です