小曽根実が死去。病気の名前は?(死因)。ジャズバーとトリオの財産

スポンサーリンク

小曽根実が死去。病気の名前は?(死因)。ジャズバーとトリオの財産日本のジャズバーの起源といえば、
ジャズピアニストの小曽根実さんの存在がありました。

最近の若者とジャズといえば、
洋楽に偏りがちで、
ジャズバーなど行かないイメージですが、(というか少ない)
かつては昭和時代には多く街にあったのです。

昭和の音楽を振り返れば振り返るほど、
小曽根実さんが作り上げてきたものは大きく、
今や、生けるジャズ界の伝説でした。

そんな小曽根実さんが、
今年2018年の2月15日に、
亡くなっていたことがわかりました。

小曽根実が死去

1934年の4月生まれの小曽根実さんは、
今年で84歳になるはずでした。

戦前から戦後まで生きた証が、
小曽根実さんの音楽だと考えると、
音楽家ってなんて素敵なのだろうか・・・と思います。

兵庫県の神戸市生まれの小曽根実さんですが、
亡くなった場所も同じ故郷の神戸市でした。

葬儀は親近者のみで行う予定、
その日程はまだ明らかになっていません。

地元・神戸のスター的存在なので、
きっと、近所中から小曽根実さんとの別れを惜しむ方が集結するでしょうね。

前々から病気だという噂はありましたが、
具体的にどのような病気を抱えていて、
亡くなった原因はなんだったのでしょうか?

病気の名前は?(死因)

小曽根実さんが亡くなられたニュースを見てる限り、
亡くなった死因は「心不全」のようです。

それまでにかかっていた病名はわかりませんでした。

小曽根実さんは息子に同じジャズピアニストの。
「小曽根真」さんいるので、
きっと、息子さんの口から父のことが語られる日がくることでしょう!

今はそっとしておくべきですね。

スポンサーリンク



ジャズバーとトリオの財産

小曽根実さんは小学生の頃から、
独学でピアノを始め、
関西大学に在学してる時点から、
ピアニストとして活動されてきました。

ピアノといったら、
厳しい先生から基礎を学び、
基本や技術練習の積み重ねで、
ようやくプロになれるような楽器ですが、
独学で名前を世間に知らしめた方は、
後にも先にも小曽根実さんだけでしょうね!

小曽根実さんの自由なアプローチは、
きっと子供の頃の無邪気な独学の恩恵なのかな?と思います。

ロックであれば、独学からビッグになった方が多いですが、
ジャズピアニストの世界では異端児といえます。

日本にかつてあったジャズバーらも、
小曽根実さんの影響がなければ・・・といった感じ。

まさに日本が世界に誇る天才だったといます。

息子は「小曽根真」

小曽根実さんには1961年に生まれた息子の「真」さんがいます。

息子の真さんは世界的なジャズピアニストで、
日本で初めて技術的な点で世界から注目を浴びた凄腕な方です。

独学で学んでいた父の小曽根実さんとは対象に、
真さんは海外修行などをしており、
基本や基礎をしっかりと理解した演奏をします。

日本の伝説であった小曽根実さんの息子が、
今後、音楽会に大きな資産をたくさん残してくれると考えると頼もしいですが、
もっと親子関係について語って欲しかったですね・・・。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です