YUKIのパクリ疑惑はガセ?歌詞一覧(nokko・銀色夏生・ビョーク・Piffu亜美)。ライブグッズとセトリとチケット(DVD動画)

スポンサードリンク

YUKIのパクリ疑惑はガセ?歌詞一覧(nokko・銀色夏生・ビョーク・Piffu亜美)。ライブグッズとセトリとチケット(DVD動画)ジュディマリにて新しい女性ロックボーカルの位置付けに貢献したYUKIさん。

YUKIさんの後に登場する女性ボーカルバンドのほとんどが、YUKIさんを模範にしていました。

また、プライベートでも髪型やファッションが真似されるなど、そのカリスマ性は現在でも健在。「YUKIっぽいな」という女の子とカラオケに行くと、「あ、やっぱり」という具合にジュディマリやYUKIさんの楽曲を歌われたりします。

しかし、どんなアーティストにもパクリ疑惑というものがつきもので、
椎名林檎さんに関してはアラニス・モリセットなど云々言われてしまいます。

圧倒的なカリスマ性を誇るYUKIさんに限っては、
そんな噂はほとんどありませんが、
ネット社会になって辛うじて、
YUKIさんを面白く思わない人から粗を探されてしまってます。

YUKIのパクリ疑惑はガセ?歌詞一覧(nokko・銀色夏生・ビョーク・Piffu亜美)

YUKIさんのような歌い方や楽曲は、
YUKIさん以前にもYUKIさんしかいません。

たまにYUKIさんに対して、
パクリ疑惑を吹きかける話題があるとすれば、
それは大抵「ヴィジュアル」や「ジャケット」などのアート類です。

これまでに言われたのは、
ビョークさん筆頭のジャケットなどです。

実際に見比べても見ると、
似ているとは思いますが、
あざとくパクっているとは考えづらいです。

ちなみにパクリで一番指摘が多いのはビョークですね。

音楽性も外見も全く違うYUKIさんが、
ビョークの真似をするとは考えづらいですが。

作詞に関してはレベッカさんが言われますが・・・。

・レベッカ「Cheap Hippis」
♪憧れはスリムでSexyなBodyなのにミントチョコがやめられなかった
・JAM「BABY”Q”」
♪憧れはsexyなbodyみがかれたhipを揺らしてbabyface大好きなチョコも
アイスクリームも目もくらむ女夢見て今は我慢するのよ
・レベッカ「リトルロック」
♪目もくらむいい女になって、街で一旗あげてみせるわって・・
・JAM「?」 ♪目もくらむ女夢見て~

・レベッカ「MaybeTomorrow」 ♪疲れ果てた体よこたえ
・JAM「あたしをみつけて」 ♪疲れ果てた体よ動いて

・レベッカ「MaybeTomorrow」 ♪灰色の日に ゆきづまっても~
・JAM「小さな頃から」 ♪かわいた風にゆきづまっても~

・レベッカ『リトルダーリン』 ♪疲れを知らない二人だから諦めきれない夢を追うの~
・JAM『あいたくて』 ♪疲れを知らない二人だから諦めきれない夢を追う~

有名なコピペですけど言葉のセンスは被っているものの、
結局、全体で伝えたいことは全く異なります

そもそもソロ活動以前の、ジュディマリの曲がほとんどですし・・。

その他にも亜美さんやnokko・銀色夏生さんなども言われていますが、
結構、無理やり感があって、信ぴょう性は薄いです。

それだけ、曲の隅々まで見られてるということですが、
パクリ疑惑が出てしまうのも、一流アーティストの宿命なのでしょうか?

個人的には、ユキさんを真似る一般人の女性たちをなんとかしてほしいです。カラオケなどでは未だに多いです。

スポンサードリンク



YUKIのライブグッズとセトリとチケット(DVD動画)

ファッション的なカリスマ性をも誇るYUKIさんですが、
ライブグッズやコラボグッズは、昔から今まで、大きな需要を誇ります。

ライブには参戦しないものの、
グッズだけ買いに来るファンの姿が多く、
その「YUKI」の名前のブランド力には驚きます。

シャツなどの衣類だけでなく、
日常雑貨まで幅広く出されているので、
グッズ売り場はまるでフリマ状態です・・笑。

今年に入って15周年を記念して、
大きなライブツアーを決行しました。

今年2月にソロデビュー15周年を迎えたYUKIが、3月に発売されたアルバム『まばたき』を引っ提げ全国8か所13公演で行ったツアー「YUKI concert tour “Blink Blink” 2017」。最新アルバム収録曲はもちろん、15年間のソロ活動で生み出した数々の楽曲をふんだんに散りばめたセットリストに加え、ステージ上には、ツアーとしては珍しい8人編成のストリングス、5人編成のホーン、コーラス2人にバンドなど、YUKIを含め総勢20人が豪華でパワフルな演奏を見せた引用元:http://www.tvlife.jp/entame/132582

一番少ないキャパで広島の4750と、
かなり大規模なツアーだったことがわかります。

ユキさんは横アリで2デイズを余裕で売り切り、
さらにはマリンメッセ福岡でも2デイズ、
または大阪城ホールでも2デイズと、ソロ女性アーティストとしては異例の規模でした。

ポップミュージシャンであれば、
アリーナツアーを余裕で完売できる方が大勢いましたが、
ロックバンド出身でこの規模は凄すぎます!

ツアー期間中のは、
グッズの売れ行きを気にする声に溢れ、
レコード会社との契約を終了させた後には、
各グッズが高値で取引されました。

ユキさんの伝説はまだまだ続いており、
この先の動向が気になりますが、
活動の内容によってはライブに行くのが難しくなるかも??

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はコチラも読まれてます



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. もも より:

    charaが抜けてますよ!
    yukiちゃんはレベッカとcharaに影響をもろ受けているので、似通った世界観で書いてるんだと思います。
    レベッカの曲は全部歌えます!ラジオでゲストに招いたnokkoへいってるくらいですから。

    ちなみにcharaとはchara+yuki(コラボ)で曲も発表しています。
    銀色夏生は全然関係ない気が…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です