LUNA SEA 4年ぶりにオリジナルアルバム「LUV」をリリース。発売日は12月20日。予約と値段は?さいたまのライブセトリは?愛がテーマの楽曲(音源・動画・ジャケット画像)

スポンサーリンク

LUNA SEA 4年ぶりにオリジナルアルバム「LUV」をリリース。発売日は12月20日。予約と値段は?さいたまのライブセトリは?愛がテーマの楽曲(音源・動画・ジャケット画像)本格的に動き出しながらも、
なかなかオリジナルアルバムを出さなかったLUNA SEAですが、
なんと今年2017年の12月20日に、
新アルバム「LUV」をリリースするようです。

実はLUNA SEAは、
今年の5月のライブの中で、
新譜を出す予兆にも思える発言をしてました。

LUNA SEAが、12月20日に最新オリジナルアルバム『LUV』をリリースする。

今年5月29日に行われた日本武道館ライブのMCでRYUICHIが「12月のさいたまスーパーアリーナ公演までには必ずみんなに届けたい」と語っていた通り、遂にアルバムのリリースが現実となった。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00056135-exp-musi

ファンとの約束を実現させたあたり、
昔のLUNA SEAのアグレッシヴさが出てきたような嬉しさ。

クリスマスライブ=LUNA SEAというイメージは古いと思っていましたが、
これだけ活躍されると、「まだまだ行ける!」と自信が湧いてきます!

今年はシャズナが復活を発表したり、
ハイスタやイエモンがライブを始めたり、
90年代組の動きが活発で嬉しいですね1

LUNA SEA 4年ぶりにオリジナルアルバム「LUV」をリリース。愛がテーマ

LUNA SEAの4年ぶりのアルバムのタイトルは「LUV」ですが、
読み方は「ラヴ」で文字通り、「愛」をテーマにしたアルバムのようです。

これまで以上に大人の渋さを伴ったメンバー達ですが、
今の彼らの渋いグルーヴにあった、
過去を超える「愛」の表現に期待したいです。

若くて少しナルシズムなイメージのあった過去の楽曲も素晴らしいですが、
今の彼らだから魅せれる愛の形があるので、その内容に期待したいです。

きっと、今ままでのLUNA SEAにはなかった、
未知の魅力を堪能できることでしょう。

今作のテーマはずばり「愛」。痛みや悲しみを伴う愛、ストレートな愛、包み込むような愛、屈折した愛、四半世紀を共に歩んできたファンに対する普遍的な愛などの様々な愛のカタチを、より壮大に、より美しく、より激しく、より鮮やかなサウンドアプローチで構築した、まさにLUNA SEAならではの世界観が存分に発揮された作品だ。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00056135-exp-musi

壮大で美しくて、激しくて・・・と考えると、
クラシックベースにされるんでしょうか?

激しくという言葉が付くということで、
バラードに頼ったアルバムではないと予想できますが。

様々な愛の形を見せるアルバムだそうですが、
それには自身の家族や女性に対する経験だけでなく、
長く長く寄り添ったファンに対するストレートな感情も期待できます。

そして何よりも、
メンバー同士の仲間の愛も見てみたいなと・・・笑。

メンバーが他バンドなどに参加し、
様々な経験をもらっているので、
その恩恵が、今になって完全に出ることを期待したいです。

スポンサーリンク



LUNA SEA 4年ぶりアルバムの予約と値段は?さいたまのセトリ予想は?

今回のLUNA SEAの4年ぶりのアルバム「LUV」ですが、
ファンクラブ専用のプレムアムBoxも制作されるようで、
そのバーションは多く出回ることでしょう。

きっと、ファンは一般用も、
ファンクラブ限定用も、
片っ端から購入することでしょうね。

リリースは12月20日ですが、
予約は今日の10月5日からスタートするそうです。

また、全国CDショップに並ぶ初回盤、通常盤とは別に、オフィシャルファンクラブ「SLAVE」会員のみが購入可能の<SLAVE限定プレミアムBOX>も制作される。こちらは本日10月5日18時より受注スタート。最新アルバムに加え、2016年9月 Zepp Nagoyaで行われたSLAVE限定GIGの模様を収めた映像作品や、今年5月に行われた日本武道館公演からセレクトされたライブCD、100ページにわたる豪華写真集などが封入されたスペシャルパッケージとなっている。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00056135-exp-musi

さらには来年には長いツアーを発表しており、
どこもキャパ数の多い、大きなライブになる模様です。

LUNA SEAのライブの演出は、
年々パワーアップしてますが、
今回の「愛」がテーマのアルバムをひっさげるとしたら、
その演出の個性も際立ってくると思います。

テーマライブの表現の楽しさは、
Gacktさんが「ヴィジュアライブ」で証明してますかね!

今年のさいたまのクリスマスライブのセトリには、
当然、今回のアルバムの曲が多く揃うと思いますが、
そのセトリがそのまま来年のライブで使われるのでしょうか?

そして、アルバムリリース直後となる12月23日、24日開催のさいたまスーパーアリーナ2daysも、演奏曲や演出含め、見逃すことの出来ない2夜となりそうだ。なお、最新アルバムの<さいたまスーパーアリーナ会場限定盤>が各日限定5,000枚のみ用意されるとのこと。こちらには、昨年のスーパーアリーナ公演2日間のセットリストから厳選されたライブCD音源が封入される。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00056135-exp-musi

また、新譜がアリーナ公演限定版も出すようで、
こちらにも注目したいですね。

きっと、朝からきて並ぶ人が多数出ることでしょうが、
12月の寒さは侮れないので、風邪を引かない程度に無理しないで欲しいですね。

各日程5000枚ということですが、
アリーナのキャパで言えばほぼ半分の人が買える計算です。

しかし、ライブに行かなくても並ぶ人もいると考えると、
その行列のエグさは想像を絶することでしょう。

購入を予定してる人は、絶対に負けないよう、健闘を祈ります。

そして、クリスマスを風邪で迎えないよう、健康も祈ります。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です