野田洋次郎の実家は世田谷?(場所)出身高校と中学。慶應という学歴

スポンサードリンク

野田洋次郎の実家は世田谷?(場所)出身高校と中学。慶應という学歴RADWIMPSのボーカルとして人気の野田洋次郎さん。
最近では人気映画「君の名は。」の主題歌の作詞を手掛け、その才能が再認識されています。

RADWIMPSといえば神奈川出身のバンドで、
インディーズ時代は横浜を中心に活動していたことで知られます。

メンバーの多くが神奈川出身だと認識されていますが、
ボーカルの野田洋次郎さんに関しては、純粋な神奈川人ではないのです。

確かに、冷静に考えてみると、
野田洋次郎さんの感性って、
どう考えても都会的というか・・・。

フィーリング的に神奈川っぽくはないとなと思いますが。。

野田洋次郎の実家は世田谷?

実は野田洋次郎さんの生まれた場所は、
神奈川ではなくて、東京都です。

小学校の頃にはアメリカでの生活も経験しており、
実家の親の仕事の影響で、変わった境遇で少年時代を過ごしてます。

小学生のうちに日本に戻った野田洋次郎さんですが、
その時には世田谷の小学校に通っています

帰国してすぐに通った小学校が世田谷ということで、
野田洋次郎さんの実家は同じく世田谷にあると信じられてます。しかし、この部分は大きく公表されていないので、あくまで憶測としていいようがないです。

実家の父はサラリーマン、母はピアノの先生としてますが、
具体的な仕事の規模などは知られていません。

お坊っちゃまという見方もあれば、あくまで普通という見方もされてます。

しかし、直感的なイメージでは、お坊ちゃんっぽくも見えますよね・・・大学が慶應、そして天才気質なので、そのイメージからですかね?

偉大なロックスターに育った息子を持てば、
実家も、変に知られたくないでしょうが、
熱狂的なバンドファンはプライベートを調べ尽くすので、
インディーズ時代からの一部のファンの方は知ってそうですね・・・。

スポンサードリンク



野田洋次郎の出身中学と高校。慶應大学まで

野田洋次郎さんの実家がお坊っちゃまだと言われるもう一つの理由に、出身中学が桐蔭学園中学であることが言えます。

桐蔭学園中学は神奈川の私立中学の中でも、
学費が高いことで知られているので、
余裕のある家庭の子供でなければ厳しいので。

作詞で才能を魅せる文章力も、
学生時代からの勉強の恩恵だと思えば、
名門の桐蔭中学に通った意味があります。

そして高校もそのまま桐蔭学園に進んでいるので、
やくみつるさんなど、個性的な感性を持った著名人と同じ経歴を持つことになります。

桐蔭学園は日本を代表するマンモス校なので、
友人関係などは、普通の高校生よりも
変わった雰囲気になることも多いでしょう。

また、桐蔭は共学と言っても、男子と女子で分かれるので、
実質は男子校みたいなものなので、
野田洋次郎さんの女性に対する純粋な作詞の根元になっているかもしれません。

ちなみに野田洋次郎さんは桐蔭学園を卒業した後は、慶應を退学してます。

桐蔭からの慶應という経歴を見てると、水島ヒロさんや高橋由伸さんと同じですね・・・。

俳優にアスリートにバンドマンに、まるでカリスマの花道のような経歴のように感じます。

バンドマンで学歴に関心が向く方は少ないですが、野田さん関して言えば、何か別格の好奇心を煽られるというか・・・。

どんな生い立ちで、どのようなことを勉強すれば、あのような作詞ができるのか、ちょっとでもヒントが欲しいですよね。

人が多く、距離の出来やすい海外やマンモス高が経歴にあるとすると、ちょっとだけ何かが掴めた気にもなりますが、結局はそれは自分の満足ですね。。笑

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です