深瀬慧(Fukase)とさおりのイチャイチャ関係(画像)。子供やチューや押し倒しの噂(別れた理由)

スポンサーリンク

深瀬慧(Fukase)とさおりのイチャイチャ関係(画像)。子供やチューや押し倒しの噂(別れた理由)セカオワの深瀬さんとさおりさんは、
幼児園からの幼馴染として有名ですね!

バンドマンとしての仲間意識以上に、
親友としての意識も強いと思われてます。

そんな深瀬さんとさおりさんは、
中学三年生の頃に交際していた時期もあり、
友達としての一線を超えてたようです。

友達の少なかったFukaseさんにとって、
幼い頃から友達で信用できるさおりさんは、
心の支えになっていたのでしょう。

今のセカオワが存在するのも、
Fukaseさんとさおりさんの友情があったからだと、
ファンの誰もが認めていることでしょう。

しかし、セカオワが売れ出してからは、
Fukaseさんはいろんな著名人と噂になりました。

昔にさおりさんと付き合っていたことが分かるや否や、
音楽活動での二人の距離を偏見で捉えてしまう方が多く、
現在、Fukaseさんが交際してる相手に失礼だという意見が度々出るのです。

深瀬慧とさおりのイチャイチャ関係(画像)

ライブの演出の中で、
Fukaseさんとさおりさんは、
見つめあったり、微笑みあったりします。

平たく言えば「仕事の一環」としか言いようがないですが、
Fukaseさんが交際していたきゃりーさんのファンや、
現在、熱愛中の益若さんのファンからは悪く見られることが多いのです。

深瀬とさおりは幼稚園からの幼馴染。ずっと一緒に居ただけでなく「中3からは恋人だった」ことを深瀬自身が公表していることもあり、きゃりーファンとしては一言物申したくなったのかもしれない。元サヤに戻ったかどうかは不明だが、行ったり来たりの深瀬に、「待つ身の女・さおり」だったとしたら・・・今回は「待った女」が勝ったということだろうか。引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/10458507/

また、ツイッターなどでの二人の絡みに関して、
仲良さげなツイートを発信すれば、
それだけ賛否意見が出てしまうのです。

当然、Fukaseさんが交際してる女性を応援してる方は、
否定派に並んでしまう・・・?

ライブでの頭ぽんぽんなど、
普通のメンバーでは何とも思われないと思いますが、
Fukaseさんがさおりさんにやると、
「イチャイチャしてる」と勘違いされてしまいます。

親友であって、兄弟のような、
僕たち一般人の経験には足りない域の関係ではあると思うので、
簡単に「イチャイチャしてる」と形容するのは失礼なのかな?と。

最近ではキートークなど、
同級生から仲の良いバンドが増えているので、
次第に偏見は弱まっていくと思いますが、
それでも結局は男と女ということで、
ある程度の誤解はずっとの続くのかと思われます。

スポンサーリンク



深瀬慧とさおりの子供やチューや押し倒しの噂(別れた理由)

一部、ネットではFukaseさんとさおりさんに、
子供ができた過去があったとか、
もしくはどこかに隠し子がいるなど、
謎の噂が多く出ています。

それも、やはり交際していた過去と、
現在もスキンシップの多い関係にあることが、
火種になって、悪く拡散されているのでしょう。

実際に公式な発信で子供について言及されたこともないです。

ただ、セカオワのある楽曲の歌詞の内容に、
「子供」というキーワードが盛り込まれたものがあり、
その歌詞の意味から憶測が立てたれたのだと。

その曲とは「幻の命」という曲で、
憶測されたと思われる歌詞の部分は、

「白い病院で死んだ僕たちの子供は
もうこの世界にはいないのに何で何も感じないんだろう」

って部分です。

この曲をさおりさんが作ったのは15歳の頃で、
Fukaseさんが歌詞を加えたのは20歳の頃だったそうです。

二人とも、この曲への思い入れが強いと語り、
その言葉が、いろんな憶測を強くさせました。

さらに過去にさおりさんが書いたブログの中で、
自分の子供がいなくなるような、悲しげな内容を書いていたそうです。

「幻の命」の最後の部分に、
「君のパパとママの歌」という歌詞もあります。

しかし、交際していた事実まで語り、
自分のことをファンにしっかりと伝えたがるFukaseさんが、
仮に過去にさおりさんとの間に子供を授かっていれば、
それは素直に自白しそうですけど・・・。

Fukaseさん自身が言及しない限り、
そこは勝手な憶測でわちゃわちゃするべきではないですね。

特に子供関係は、互いに現在の恋愛や結婚をややこしくする可能性があるので、
セカオワの成功と、メンバーの幸せを祈るなら、余計な憶測は我慢するべきでしょう。

それでも、ここまで大きな憶測が作られるまでに、
セカオワが大きなバンドに成長したのかと思うと、
それはそれで感銘深いものがあります。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です