あいみょんの2021年Liveセトリ。紅白は”愛を知るまでは”のMVと歌詞と意味

平成の終わりにブレイクし、今では令和初期最高の女性シンガーソングライターとの呼び声の高い”あいみょん”さん。

コロナ禍になっても人気は衰えず、発表した楽曲は必ず話題になり、ライブも好調であります。

2021年も紅白歌合戦への出演が決まるなど、人気健在です。

シンガー・ソングライターあいみょん(26)が19日、ツイッターを更新。大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(午後7時30分)への出場が決まった喜びをつづった。

あいみょんは「今年も紅白で歌わせてもらえることになりました・・・報告頂いた時びっくりした・・・。嬉しいです」と率直な心境を明かし、「今年の感謝をいっぱい詰め込んで精一杯歌います。楽しみ!楽しむ!よろしくお願いします!」と呼びかけた。

あいみょんさんが2021年紅白で披露する曲は「愛を知るまでは」です。

同曲はあいみょんのメジャー11枚目のシングルで、人気ドラマ「コントが始まる」の主題歌として話題となりました。

昨今のライブのセットの中でも重要な位置で演奏され、ファンからも人気のある曲です。

2021年ライブツアーのセットリスト(7月16日大阪城野外音楽堂参考)

  1. 傷と悪魔と恋をした 
  2. 青春と青春と青春
  3. ポプリの葉
  4. マリーゴールド
  5. スーパーガール
  6. 朝陽
  7. 裸の心
  8. 恋をしたから
  9. キスだけで
  10. 夜行バス
  11. 強がりました
  12. 生きていたんだよな
  13. 愛を知るまでは
  14. 今夜このまま
  15. さらば
  16. 君はロックを聴かない

あいみょんの2021年紅白歌合戦の演奏曲「愛を知るまでは」の動画

あいみょんが、2021年5月26日にリリースする11thシングル『愛を知るまでは/桜が降る夜は』。

日本テレビ系土曜ドラマ『コントが始まる』の主題歌に起用されています。

本ドラマでは主演の菅田将暉、有村架純、仲野太賀、神木隆之介など1993年生まれの同世代役者が顔をそろえ、歳が近いあいみょんも、「同じ世代として作品に参加できて嬉しい」と主題歌起用についてコメントしています。

あいみょんのコメント

このめっちゃ綺麗な青い空やカラフルな風も、今を生きてなければ見られなかった景色だと思うと、自分が導いた道はきっと間違いではなかったような気がします。 自分が書き出した音楽に、こんな最高な景色が付いてくるなんて。 これからだって楽しみになる。 だからまだこれからも死ねない!

小林光大監督のコメント

船出の際に使用されるテープが全編を覆います。 色々な感情を伴って歌うあいみょんを見てください。

あいみょんの「愛を知るまでは」の歌詞の意味。ドラマの内容に噛み合う?

あいみょんさんの「愛を知るまでは」の歌詞は、”自分の決めた道に自信がない人”が主人公になっているのがわかります。

昔からの希望や夢が消えそうで苦しい気持ちと、焦りの気持ちが表現されており、主題歌になったドラマ「コントが始まる」の物語の登場人物の気持ちと合致しています。

どうせ叶わない夢ならば、見なくていいと言い聞かせたという表現は、ほとんど希望を失った絶望の淵に立たされた人間の感情です。

いざ手の鳴る方へと

導いたのは誰でもない

自分自身なのに

自信が無いよ 笑っちゃうな

もたついている

空気が抜けたままの体

走れど走れど続く

人生という名の死ぬまでのエピソードは

軽いままの体では吹き飛ばされて

すぐに終わってしまうな

 

誰にもない物を持っていたいのにな

無理矢理に抱き締めてた

心を今ほどいて

 

優しい気持ちを持ちたいのだけれど

時にはがむしゃらに怒って

涙は真に受け止める

愛を知るまでは死ねない私なのだ

導かれた運命辿って

今日も明日も生きていこう

 

目の前に見えた星は

幾千の輝きを失いそう

夢で終わる夢ならば

見なくて良いと自分に言い聞かせた

 

まだ咲ききれない花の様な毎日だな

無茶苦茶に走り続けた

体を今休めて

交わることのない誰かと巡り会い

無限に広がる雲に乗って

見たことのない虹を見たい

愛を知るまでは死ねない私なのだ

導かれる運命辿って

今日も明日も生きていこう

 

誰にもない物を持っていたいのにな

無理矢理に抱き締めてた 心を今ほどいて

優しい心を持ちたいのだけれど

時にはがむしゃらに怒って

涙は真に受け止める

愛を知るまでは死ねない私なのだ

導かれた運命辿って 今日も明日も生きていこう

 

 

おすすめの記事