かつては地上波メディアで多くの番組で司会を担当していたお笑い芸人の島田紳介さん。

惜しくも引退した紳助さんですが、現在も現場復帰を望む声は多く出ており、実際に紳助さんが司会を務めていた番組は今でも後輩芸人らによって守られ続けています。

時代が過ぎるにつれで島田紳介さんの偉大さが際立ちますが、中には「引退して当たり前」「もう復帰しなくても良い」と批判的な姿勢を崩さない層もいます。

お笑いスキルは誰もが認める凄腕ですが、紳助さんの人間性や日頃の行い関しては常に賛否両論あったのです。

決して友達や知人ではない人で、いればテレビが楽しいのだから、紳助さんが私生活でどんなことをしてようがどうでも良い人が大半だとは思いますが・・・。

ただ、ここ最近になってモデルで過去にタレント活動を行なっていた「マリエ」さんが、自身で発信したSNSにて、18歳の頃に島田紳助さんに枕のお誘いを受けたことを暴露して大きな話題となっています。

また、紳助さんに枕を誘われた現場には現在売れっ子である出川哲郎さんや、やるせなすさんもいたそうで、この二人にもマリエさんの枕騒動が飛び火してる状態です。

マリエが18歳の頃に島田紳介に枕営業を誘われる

マリエさんは10代の頃から売れっ子モデルとして活躍されていました。

主に2000年代は多くの地上波のバラエディ番組に出演し、タレントとしても名を馳せました。

今回、問題になっているのはマリエさんが18歳(2005年)の頃です。

マリエさんは2005年に島田紳助氏がMCを務めていた『世界バリバリ★バリュー』(TBS系)に出演したのをきっかけにブレイクを果たしています。

マリエさんは自身のSNSにて、当時共演していた島田紳助さんから枕営業のお誘いがあったこと、そしそれは他の出演の目の前で行われていたことを涙ながらに明かしたのです。

この告発内容はSNSを中心に拡散され、「これが事実だったら、芸能界の闇が深い」「こんなこと暴露しちゃって大丈夫なの?」とネット上は騒然。ただ、今から15年ほど前の出来事であり、紳助が芸能界を引退してからすでに10年がたっていることから、一部では「なんで今さら?」「なんの目的があって暴露したんだろう」と懐疑的な声も見受けられる。

 とはいえ、大半のネットユーザーは、「勇気ある告白」「被害を告白した側が批判されるのはおかしい」「ようやく言えてよかったね」と、今回のマリエの行動を支持しているようだ。

若い出演者を紳助さんが自分の子供のように可愛がっていた印象がある番組ですが、その裏では枕に誘うようなドロドロな事情があったということです。

事務所はマリエに枕営業を強要?

さらにビックリしたのは、マリエさんが所属していた当時の対応です。

マリエさんが島田紳助さんからの枕営業を断ったことを知ると、

「マリエはそれでいいの? 今後は仕事なくなるよ」

などと、半ば“脅迫”のような言葉をかけたのです。

また、その場にいたタレントの出川哲郎さん、お笑いコンビ「やるせなす」、タレントの山本梓さんらからも「やりなよ」と言われたそうです。

当時から芸能事務所ぐるみで、女性所属タレントの枕営業を推奨していたということですね・・・。

以前から週刊誌や匿名の元タレントさんから枕関係の噂は聞いていましたが、マリエさんのように名の知れた方が顔と名前を出して堂々と相手の名前まで出して告白したのは初めてじゃないでしょうか?

告白に踏み切れたのは紳助の引退と自身のアパレル業の好調

現在、マリエさんは以前のようなタレント活動はしていません。

そして、島田紳助さんはすでに引退されています。

今回のような暴露話が聞けたのは、双方が芸能事務所に所属しておらず、さらにはマリエさんが芸能界の圧力で生活が圧迫されることがない状況であったからでしょう。

海外では「me to」と呼ばれるセクハラを一斉に告白する思想が出ていますが、今回のマリエさんの勇気で、他にも紳助さんに同じことをされたことを告白する女性タレントも出てくることでしょう。

以前から週刊誌で噂になった紳助とヘキサゴンファミリー

昔から紳助さんに枕絡みの噂はありました。

特にヘキサゴンという番組で多くの女性レギュラー陣を引っ提げてた時期は、出演者の女性全員が紳助さんと寝てると噂されていました。

出演してる女性の多くが細身で派手な女性、そして適度に性格が良いという、系統が揃ってる点が怪しいと言われていました。

今回のマリエさんも、系統としてはヘキサゴンファミリーに出演していた女性陣と似ている気がします。

この告白で、当時の噂はさらにリアルになりましたね。

若槻千夏が2000年代の芸能界の枕営業を語っていた

マリエさんと同じ時期にテレビに多く出演し活躍されていた若槻千夏さん。

実は、少し前に若月さんは当時(2000年代)の芸能界で横行していた枕営業について言及されていたのです。

昨年2020年に放送された『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)にて、出演した若槻千夏さんが「抱かれる時代だった」と話されたのです。

当時、枕営業が横行していたことを告白したのですが、周りのアイドルやグラビアの方のほとんどが大物タレントや番組関係者に抱かれていたそうです。

冷静に振り返ってみると、確かに当時はグラビアアイドルのテレビ出演が多かったように感じます。イエローキャブやパイレーツなんて懐かしいですね・・・。

若月さんの話によるとい、そうして枕で仕事を獲得した女性たちのほとんどが、何回かは番組に出演できるものの、その後は“使い捨て”のように消えていったそうです。

マリエの暴露の目的は若いを救うため?

マリエさんの勇気ある告白は多くのネットユーザーの心に刺さりました。

現在も枕営業を行なっているアイドルらは多くいるとされ、マリエさんはその子らを救いたいという気持ちがあるみたいです。

2010年代はアイドルブームに沸きましたが、その裏でも枕営業が横行していたとしたら悲しいですね。

多くの時間とお金を投資した推しメンバーが、そうやって這い上がっていたと想像すると寂しいですもんね。

奇しくも2010年代に活躍されていたアイドルたちも、今ではほとんどが業界から消えてます。

次は2010年代当時の枕絡みの暴露話が出てきそうです。きっとその後は2020年代もあることでしょう。

今回のマリエさんの暴露が良い方向に進むと良いですね!

おすすめの記事