樹木希林の娘(内田也哉子)と婿と旦那。目の病気「網膜剥離」はおかしくない(画像)

スポンサーリンク

樹木希林の娘(内田也哉子)と婿と旦那。目の病気「網膜剥離」はおかしくない(画像)

樹木希林さんといえば内田裕也さんと結婚されながらも、
少し変わった形の夫婦仲として知られてました。
 
そんな樹木希林さんと内田さんの間には、
1976年に娘が誕生しています。
 
その娘の名前は「内田也哉子」さんで、
現在までに女優・歌手として活躍されました。
 
娘は有名な俳優である本木雅弘さんと結婚されたとしても有名ですね!
 

内田也哉子のプロフィール

生年月日 1976年2月11日(42歳)
出生地  日本
配偶者 本木雅弘(1995年 – 現在)
 
著名な家族
内田裕也(父)
樹木希林(母)
内田伽羅(長女)
 
 

樹木希林の娘(内田也哉子)と婿と旦那

 
内田也哉子さんは1976年の2月11日生まれで、
現在では40歳を超えています。
 
女優の希林さんと、ロックンロールな内田裕也さんと、
その2人の影響をもろに受けたかのように、
音楽と女優の仕事で才能を発揮しました。
 
活躍は主にエッセイストですが、
その美貌で多くのメディアに注目され続けました。
 
1995年には元ジャニーズ(シブガキ隊)で俳優の本木雅弘さんと結婚し、
1997年に長男の雅榮くん、1999年に長女の伽羅ちゃん、2010年に次男の玄兎くんが誕生しています。
 
希林さんは多くの可愛い孫に恵まれて嬉しかったことでしょう!
 
長女の「内田伽羅」さんは女優として活躍しており、
子供の頃は子役としていろんな作品に出演し、
2015年には希林さんと共に「あん」で共演しました。
 
びっくりするほどの芸能一家でありますが、
個性派ぞろいで素敵なエピソードが今後も続きそうです。
 
希林さんが亡くなられても、
女優としてのバトンを伽羅さんが受けてくれたら嬉しいですね!
スポンサーリンク



 
 
 

樹木希林の目は病気「網膜剥離」

 
樹木希林さんの話題が多くなってキーワードに増えたのは、
希林さんの「目がおかしい」というワードです。
 
実際に希林は「網膜剥離(もうまくはくり)」という病気です。
 
この病気は眼球の内側の裏打ちしてる網膜が剥がれ視力が低下する病気です。
 
主に視力低下、最悪は失明する恐れのある病気です。
 
希林さんはある朝起きたら、
突然、左の目が見なくなってしまったそうです。
 
それは2003年の1月(当時61歳)の頃で、
完全に左目が失明したのは2ヶ月後の3月だったそうです。
 
すぐに病院に行った結果、
この病気であることがわかったそうです。
 
片目だと台本を読んだりすると疲れるために、
この2003年は映画やドラマの仕事は全くしませんでした。
 
なかなかの病気になってしまったということで、
希林さんは当初、絶望感を感じてため息が止まらなかったそうです。
 
希林さんは手術を受けようか迷ったそうですが、
自分の人生は目が1つ潰れてもお釣りがくる人生だと思うようにして、
その手術を受けなかったそうです。
 
実際の理由には体力に自信が持てなかった部分もあったそうですが、
自分なりに精神的に納得する方向性を見つけるポジティブさが、
やっぱり希林さんという方の強さであり魅力です。
 

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です