ベビレ 解散発表。本当の理由・真相は?(画像)

スポンサードリンク

ベビレ 解散発表。本当の理由・真相は?(画像)

ベビレごとベイビーレイズJAPANですが、
なんと、年内での解散が決定しました。

短い活動期間ではありましたが、
その音楽は多くの方を感動させ、
これまでにたくさんのファンを獲得して来ました。

2012年5月に結成して以来、
6年以上も活動してきたベビレですが、
なぜ、このタイミングに解散するのでしょうか?

その理由が知りたいですね・・・。

ベビレが解散発表

ベイビーレイズJAPANは、
今年2018年の9月24日をもって解散します。

あまちゃんの曲を歌ってた彼女たちですが、
日本の大ブームの渦中におり、
グループでは最高の時を過ごしました。

メンバーの、
大矢梨華子、高見奈央、傳谷英里香、林愛夏、渡邊璃生の5人は、
世間的に知名度は低いかもしれませんが、
個々がグループのために全力で活動し、
他のアイドルグループに負けじと一体感を産んでました。

今後長く活動を続けていれば、
ももクロやAKB系列のライバルにもなれたかもしれない存在でした。

彼女たちのこれからに期待していたファンからすると、
こんなにも突然で悲しい発表はなかったと思います。

ライブではファンが楽しそうに飛び跳ね、
アイドルの枠にとらわれないアプローチのライブが常に好評判でした。

2012年5月に結成し、9月26日にCDデビュー。

2013年にヒットしたNHKドラマ「あまちゃん」にて、
「暦の上ではディセンバー」を声優の水瀬いのりさんと6人で歌い注目を集めました。

2014年には武道館公園を行わないと解散すると約束し、
9月に「1万人の署名を集めることが出来たら武道館公演決定」の条約をクリア。

人気ドラマからの人気に甘んじることなく、
自身に厳しい条件を突きつけて精進してきました。

ここにきて力尽きてしまったことは、
ファン的には大変ショックだったと思いますが、
その解散の裏側というのは、どのようなものがあるのか・・・。

スポンサードリンク



解散の本当の理由は?

アイドルの脱退や解散というのは、
当初の発表の詳細とは異なり、
数年後に衝撃的な理由が判明したりしがちです。

今回のベビレに関しても、
現在までに公表されてる理由以外にも、
なんらかの原因があったのでは?と一部憶測されています。

ちなみにベビレが公式に公表した、
解散してしまう理由は以下のようです。

「昨年、結成5周年を迎え、野外ワンマンライブ3連戦をやり切ったタイミングで、スタッフとメンバーで、今後の活動について話し合う機会が増えていきました。今まで走り抜けてきた分、一度止まって振り返り、未来を考える必要があったからです」と説明。「何度も話し合いを重ねた結果、この先、全員で同じ方向を向いて活動することが出来ないという結論に至り、メンバー・スタッフ全員で『解散』という選択を致しました」

「一度止まって」や「振り返り」という言葉を聞く限り、
何も解散しないで、しばらく休止すれば良さげに思いますが、
話し合いを重ねるうちに解散という決断に至ったそうです。

若いうちにサクッと解散して、
伝説のアイドルグループ的なイメージで残るのもありですが、
数年後に、関係者や元メンバーが裏話を暴露してしまったら台無しですね・・・。

メンバーは皆、まだ若いですが、
この解散を機に芸能界を去るのか、
もしくは普通の幸せを目指すのかは謎です。

ラストライブの2018年9月24日まで、
あと2ヶ月しかありませんが、
ファンは心の整理はできるのでしょうか?

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です