柴田隆浩は電通出身?熊本高校・早稲田大学のハイスペック疑惑。現在の彼女と年齢と結婚(画像・動画)
スポンサーリンク

現在公開中の映画「ポンチョに夜明けの風はらませて」にて、
主題歌を担当している「忘れられねえよ」ですが、
一度聞いたら忘れないバンド名で、なんとなく頭の中に残ってる方が多いと思います。

バンド「忘れられねえよ」自体は、
2008年に結成されたと、
若手、惜しくは中堅に片手の届いたバンドです。

バンドのテーマも一生懸命に負けた人を肯定するためという、
何かと他のロックバンドとは違いものを感じます。

そんなバンドの中で中心的な人物といえば、
ボーカルギターの柴田隆浩さんです。

名前こそよく聞くようにはなりましたが、
具体的にどのような方々がやってるのか気になりますよね・・・?

柴田隆浩は電通出身?熊本高校・早稲田大学のハイスペック疑惑

柴田隆浩さんが「忘れられねえよ」を結成したのは、
社会人になって数年後と、実はかなり遅いのです。

バンドの名前に関しては、
なんとなく決めたそうで、
そこまで深い意味はないです。

この2つのステータスだけ聞くと、
柴田隆浩さんが直感だけで動く、
かなりヤバイ人のように思えますが、
実はかなり頭の良い秀才らしいのです!

柴田隆浩さんの頭のキレの良さは、
その歌詞を見てればわかります。

まるで水商売の接客のように、
聴いてる人の懐にゆっくり入り、
最後は自分の本心の全てを歌ってるような錯覚を起こすのです。

しかし、柴田隆浩さんは、
どのような境遇を経て、
今のような曲が作れるようになったのか?

柴田隆浩さんの出身高校から遡って調べると、
偏差値の高い「熊本高校」を卒業した噂など、
ハイスペックな話ばかりが見えます。

それでも、高校生の頃の話の語る姿を見ると、
そこまでエリートっぽい感じもしません

「忘れらんねえよ」のボーカル&ギター・柴田隆浩は「高校の頃は理屈で動いてませんでした。明日のことも昨日までのこともマジどうでもよくて、今。今しかなかった」と述懐し、現在“大人”になった自身は漠然とした不安や苛立ちを抱えながら日々を過ごしていたという。「そんな時に、この映画の脚本と出会ったんです。これじゃん、と思いました。読んで19歳若返りました。なので僕は今ぴっちぴちの16歳高校生です」と告白しながら、「この歌はそんな高校生の僕が歌っています。はちゃめちゃ。ツッコミどころだらけ。でもそれがいいんだよ。これが僕には必要だった」と思いの丈を述べている。引用元:http://eiga.com/news/20170602/4/

高校生の頃から、
「今しかなかった」と、
今と変わらないと語りますが、
その高校生からの経歴は、
ネットで噂されてる範囲では、
ヤバイ、ハイスペックなのです。

まずは偏差値70以上と言われる熊本高校を卒業し、
その後に早稲田の政治経済学部に進学し、
さらには電通に就職したとか・・・、本当だったらすごいですね。

最近ではネットで同姓同名の名前が出てくると、
それだけで同一人物だと断定してしまう傾向があるので、
仮に別人だとしたら、良い迷惑ですね。

しかし、忘れられねえよの世の出方だったり、
売り出し方、楽曲の世界観などを見てると、
ただの素人がセルフプロデュースしたには、
出来すぎているようにも感じます。

まだ、過去に「慶應ボーイになりたい」というタイトルで、
ワンマンライブ(実際にはツーマン)を行なっているので、
タイトルの裏をとると、早稲田の文字が頭に浮かびます。

だからといって、
元電通マンや早稲田出身だと勝手に決めつけるのは、
柴田隆浩さんにも、電通の方にも失礼ですね。

それでも、いつか自分で会社員時代の話を語る中で、
電通であれば電通と、はっきり言うことでしょう。

スポンサーリンク

柴田隆浩の現在の彼女と年齢と結婚

現在の柴田隆浩さんは、
アラフォーになるので、
すでに結婚しててもおかしくありません。

しかし、今の所、
柴田隆浩さんが結婚してるような情報はありません。

または彼女がいるような話もありません

かつては女性経験をしないことを売りにしていたので、
その部分はしっかり守られていることでしょう。

それでも、年齢的には結婚しても良い時期なので、
バンドが安定してきた頃に、しっかりと彼女を作って結婚してほしいですね!

柴田隆浩さんの経歴を見てると、
28歳前後のリーマン時代に、
急にバンドを結成したのですから、
その思いっきりの良い決断が、
今の名バンド登場につながっているので、
女性経験を犠牲にした成果にしては最高だと思います!

CMだけでなく映画の挿入歌にも選ばられたり、
バンドの名前がどんどん売れ始めてる時期なので、
女性には注意して、マイペースに階段を登ってほしいですね。

キャラクター的にも凄い楽しい方なので、
テレビ多く出ることになれば、
女性に困ることは、まずないでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事