上野博文のくも膜下出血からの復活(完治?)。結婚した嫁との子供(第一子)はいつ誕生する?( 画像)

スポンサードリンク

上野博文のくも膜下出血からの復活(完治?)。結婚した嫁との子供(第一子)はいつ誕生する?( 画像)T-BOLANのベースを担当している上野博文さん。

ボーカルの森友さんと同じくAB型ですが、
病気で苦労した経緯も被っております。

T-BOLANは2012年に復活し、
2014年に19年ぶりの単独公演を行ってました。

しかし、2014年の4月26日のライブをもって、
活動を休止することを発表されました。

休止した後も、また動き出すと期待されてましたが、
その後に、衝撃的な悲劇が待っていました。

14年4月に活動休止した4人組バンド「T―BOLAN」のベース・上野博文(51)が昨年3月にくも膜下出血で倒れ、リハビリを続けていることが20日、分かった。引用元:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160920-OHT1T50235.html

なんと、活動休止期間に、
上野博文さんがくも膜下出血で倒れていたのです・・・。

ニュースが出た段階では、
上野博文さんはすでにリハビリ中だったのですが、
当時のことを思うと、本当に辛いです・・・。

上野博文のくも膜下出血からの復活(完治?)

2016年の大晦日のライブに向けて、
リハビリを続けていた上野博文さん。

一部のファンからは「早すぎじゃない?」「無理してない?」と、
上野博文さんの体を心配する声がありました。

しかし、このライブを励みに、
上野博文さんのリハビリのモチーベションになっていたようです。

 ボーカルの森友嵐士(50)が取材に応じ、「ミュージシャンにとって生きがいとしてステージは大きな存在。上野のリハビリへの何よりの力になれば」。大みそかの一日限定でバンドを再々結成し、カウントダウンライブ(東京・豊洲PIT、後10時半)を開くことを明かした。引用元:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160920-OHT1T50235.html

大晦日を迎える前の段階では、
100%弾けない曲がほとんどで、
思うように動かない指に不安がありました。

奇跡を信じてライブを組んだメンバーの思いやりを思うと、
長年一緒にやって来た仲間たちの絆を感じて素敵です。

森友さんは、カウントダウンライブを、
完全復活への導火線にしたいと話されていたので、
今年のライブ以降からの活動は本気となりそうです。

声の出なかったボーカル。

指の動かなかったベース。

こんな苦境を乗り越えたバンド、
自分は未だかつて知りません・・・。

スポンサードリンク



上野博文の結婚した嫁との子供(第一子)はいつ誕生する?( 画像)

実は上野博文さんは、
くも膜下出血で倒れた後に、
結婚をされています。

意識不明の状態から、
集中治療室で治療。

一般病棟に戻った後も、
闘病生活は楽ではなかったようです。

その中での結婚の決断は、
上野博文さんにとっては特別な何かがあったのでしょう。

上野は自宅で発見された際、意識不明の状態だった。頭蓋骨の一部を切除する手術を行い、3週間、集中治療室に入った。一般病棟に移って意識が戻ったが、高次脳機能障害を発症。リハビリ期間中に結婚した妻ら家族の献身的な看病もあって、今年1月には歩行可能に。7月からスタジオに入って指を動かし、今月に入って一人で電話もできるようになった。引用元:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160920-OHT1T50235.html

ずっと独身を貫いて来た上野博文さんだけに、
この入院してる期間は、その後の人生を変えた試練だったのでしょう。

リハビリへのモチベーションとして、
カウントダウンライブを組んだメンバーの思いやりもすごいですし、
ずっとそばで支えた嫁さんの存在も素敵です。

何かと人に恵まれた、性格の良さが滲みでるエピソードです。

実際のカウントダウンライブでは、
バンドの過去の軌跡を連想さす映像から始まり、
全曲立てない上野博文さんの代わりに、
元黒夢の人時さんがサポートに登場するなど、
ファンを熱狂させました。

後日談によれば、サポートに参加した著名アーティストは、
自ら立候補してステージに上がったそうです。

どれだけ人望があるのか・・・愛されてますね。

名曲「離したくはない」でもしっかりとベースをこなし、
今後のT-BOLANの完全復活への布石をしっかり残しました。

今年から始まる活動に期待が膨らみますね!

始まったばかりの結婚生活にもうまくいって欲しいですし、
今後、嫁さんとの間に子供が誕生してくれたら頼もしいです。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です