深瀬慧(Fukase)の病気は嘘ではない?薬と過去の苦悩。身長と体重と誕生日(出身中学・高校・卒アル画像)

スポンサードリンク

深瀬慧(Fukase)の病気は嘘ではない?薬と過去の苦悩。身長と体重と誕生日(出身中学・高校・卒アル画像)繊細な歌詞と大きな表現が魅力のセカオワですが、
主に歌詞を担当しているのはボーカルの深瀬慧さんです。

深瀬慧さんの感性の豊かさは一体どこから来てるのだろう?と、
その子供時代からの経歴が気になり方が多いと思いますが、
かなり過酷で、苦悩の連続だったということで、
調べた後にびっくりする方が多いことでしょう。

深瀬慧さんの境遇の中でも、
特に辛そうだったものといえば、
幼少期に味わった発達障害の1つである、
精神疾患ADHA(注意欠陥多動性障害)でしょう。

たまにその深瀬慧さんの苦悩の境遇が、
「嘘じゃないか?」と言われる方もいますが、
それは全くの間違いです!

深瀬慧(Fukase)の病気は嘘ではない?薬と過去の苦悩

深瀬さんの病気であった精神疾患ADHA(注意欠陥多動性障害)とは、
気が散りやすい、集中できない、落ち着きがないなど、
自分に自信が持てずに苦しむ子が多いようです。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことです。年齢や発達に不釣り合いな行動が仕事や学業、日常のコミュニケーションに支障をきたすことがあります。

人口調査によると、子どもの20人に1人、成人の40人に1人にADHDが生じることが示されています。以前は男性(男の子)に多いと言われていましたが、現在ではADHDの男女比は同程度に近づいていると報告されています。引用元:https://h-navi.jp/column/article/97

深瀬慧さんの子供の頃の辛いエピソードの原因の1つに、
間違いなく、この病気のことがあったと思います。

中学時代に、集団で・・・という嫌な過去も、
もしかしたら、そこに関連してるのかも?

学校に行けずにふさぎ込んでいたということで、
青春時代には辛い思い出が多くあるみたいです。

また、高校に進学するとその後に退学し、
アメリカンスクールに通ったそうです。

さらに心機一転してアメリカへ2年間の予定で、
アメリカへ留学しに日本を発ちますが、
2週間でパニック障害を発症してしまったそうです。

その後に日本へ帰国し、
日本の病院で治療していたみたいです。

仮にその時にずっとアメリカに馴染んでしまったら、
今のセカオワは存在しなかった?とも考えられますが、
夢多き青春時代に味わった挫折は、大きな心の傷として残っていることでしょう。

精神病というハンデを持ちながらも、
がむしゃらに音楽と向き合い、
この世界が終わるぐらいの気持ちで、
真剣に本気で関わり続けたからこそ、
今のセカオワがあるのでしょう。

今では英語バーションの曲も難なく歌い上げられているので、
今後、アメリカでリベンジ!って未来も考えられます。

素敵な仲間とファンに支えられて成功したということで、
同じ精神病を持つ方にとっては、大きな成功モデルとしてリスペクトされることでしょう!

スポンサードリンク



深瀬慧(Fukase)の身長と体重と誕生日(出身中学・高校・卒アル画像)

深瀬慧さんの魅力といえば、
「かっこかわいい」という点です。

勇ましく、かっこよく見える部分もあれば、
無邪気な子供のようでかわいい部分もあるのです。

昔から深瀬慧さんは女性ファンが多く、
今でもモテモテ人生を歩んでいますが、
その秘密は一体なんなんでしょうか?

個人的には深瀬慧さんの身長が、
絶妙だからでは?と思います。

多くの人が憶測する深瀬慧さんの身長は168センチ前後

そして、体重は60キロにならないぐらいなのかな?と。

日本人の平均身長に届かないぐらいですが、
ステージでの表現が大きいので、
大きくてワイルドな存在感も出せますし、
普段では、挙動が可愛らしく、まるでペットのようにも見えるのです。

ステージでのワイルドさと、
私生活でのペットっぽさ、
これが深瀬慧さんのモテる要因でしょう。。笑

学生時代に深瀬慧さんに意地悪していた連中は、
今頃後悔してるでしょうね・・・。

しかし、気になるのは深瀬慧さんの出身中学や高校。

一体、どのような子供だったのでしょうか?

小学生の頃の卒アルの写真を見てると、
かなーり、かわいいですが、
こんなキュートな男の子に意地悪してた人がいたなんて、
本当に信じられないというか・・・。

東京都大田区出身の深瀬慧さんは、
小学校は「大田区立東調布第三小学校」です。

メンバーのなかじんさんとさおりさんも、
同じ小学校を卒業した同級生です。

そして深瀬慧さんの出身中学は、
「大田区立大森第七中学校」です。

この時も、なかじんさんとさおりさんと同級生でした。

さおりさんとは中学2年の頃から話すようになったようで、
マイルドにやんちゃなこともしていたそうです。

中学時代のいざこざで集団でいじめられ、
深瀬慧さんは不登校になりますが、
なかじんさんだけは、深瀬慧さんを見捨てなかったそうです。

そして、深瀬慧さんの出身高校の情報は曖昧で、
「都立八潮高校」という説があるのみです。

この出身高校の部分に関しては、
深瀬慧さんが公表しない限り、
あまり突っ込めないですが、
仮にもすぐに退学しているので、
改めて語る機会はないかもしれません。

この後のアメリカンスクール、アメリカ留学を経て、
「世界の終わり」と結成したとされ、
その同級生だった仲間との関わりも含めて、
深瀬慧さんの人生は、何か特別な縁と悲劇で出来ているなと。

こういう部分も、セカオワの魅力なのかもしれません。

セカオワにしか作れない音は絶対にあり、
この背景がある限り、彼らの真似ができるバンドは出てこないことでしょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です