山中拓也(オーラル)に彼女は必要?病気がちな彼を支える存在はファンか(画像)

スポンサーリンク

山中拓也(オーラル)に彼女は必要?病気がちな彼を支える存在はファンか(画像)

ファンの心を支える熱い楽曲を多く抱えるオーラルですが、
その歌詞のほとんどをボーカルの山中拓也さんが担当しています。

山中拓也さんの歌詞は深夜っぽいうか、
かなりロマンチックで、極端な言葉のチョイスが多いです。

仮に山中拓也さんがしてきた恋愛模様を考えると、
結構、憎んだり憎まれたり?なんて妄想してしまいます。。笑

過去にリリースされた楽曲「エイミー」は、
昔に交際していた彼女を想って書かれたという話がありました。

山中拓也(オーラル)に彼女は必要?

オーラルの「エイミー」という曲は、
恋愛テイストが強め、むしろラブソングです。

片思いのままに彼女のことを待つような心境の曲ですが、
「エイミー」というワードは、あまり歌詞にハマってない印象・・・、
ってことで、その付き合ってた彼女の名前が「えみ」なんじゃないかという憶測もあります。

どうやら15歳の頃から長く付き合っていた、大切な彼女だったとか。現在は結婚して幸せになってるという噂までありますから、こりゃ切ないですね・・。

エイミーという曲は露骨でも、
その他にも実際の恋愛経験に基づいた曲はありそうです。

イケメンボーカルで女性ファンが多いということで、
あまりにも素直な曲はどう思われるのか、ちょっと心配になる部分もありますが、
後世に残る曲なんだと開き直るとウェルカムですね!

バンド活動に忙しい現在も彼女はいるのか、2014年頃の噂ではいるとされていますが、現時点では何もわかりません。

オーラルの楽曲の感じを見ても、チャラチャラ女遊びをした延長のセクシーな曲よりも、素直に真面目に付き合った延長の重ための曲の方が合っていますね。

でも、歳を重ねると、真面目な恋愛をする機会も難しくなってきますし、めっちゃモテる拓也さんなんて特に・・・。

オーラルのファンはメンバーに彼女がいても気にしなさそうですが、楽曲への影響がある存在という意味で、ちょっと気になります。

単純に、メンタルを支える意味でも、彼女の存在は必要なのでしょうか?

スポンサーリンク



病気がちな彼を支える存在はファンか(画像)

線の細いイメージのある山中拓也さんですが、
実際に体は強くはないみたいです。

例えば2012年には肝臓、
2014年気管支炎に、
2015年には声帯ポリープなど、

ボーカリストとして、歌唱に影響がありそうな部分をまんまと痛めています。

若くて無理しがちな山中拓也さんを、
私生活でしっかりと支える存在がいたら、
ファンも安心して見てられますね!

向上心の強いバンドということで、
個々にスキルを磨き続けています。

山中拓也さんも歌唱力をあげる意味で、
見えないところでとんでもない努力をしていることでしょう。

実際に山中拓也さんの声は年々、凄まじくなっていますから。。

ファンとの気持ちのやりとりが濃いバンドということで、
今ではファンを想う気持ちが、勝っているかも?

頑張れないと、今よりも大きなステージには行けませんし、
頑張りすぎると、活動自体ができないことになってしまいます。

見ていて、どうしようもなくほっとけないのが、拓也さんの魅力の1つなのですね。。

本当に素敵な女性に出会えたなら、結婚して支えてもらった方が無難かもしれませんが、拓也さんの場合はファンのパワーで突き進むこともできそうです。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です