野田洋次郎の彼女(マキ・吉高由里子)。曲から一般人の噂。現在は?
スポンサーリンク

今年のRADWIMPSは大ヒット映画「君の名は」にて、
挿入歌となった楽曲が、空前の大ブームになっています。

YouTubeなどではRADWIMPSの曲をカバーした動画が多く投稿、
譜面も出していない時点で、このカバー率は異常です!

そんなRADWIMPSですが、
昔から恋愛絡みの曲は独特で、
その作詞はギターボーカルの、
野田洋次郎さんの実体験がベースとなっています。

ただの芸能人のゴシップネタではなくて、
楽曲の中身を知る意味で、
野田洋次郎さんの過去の彼女や恋愛は関心をひきます。

特に有名と言われるのが、
「マキ」さんと言われる方と、
女優の吉高由里子さんですね。

野田洋次郎さんの彼女たちとの関係は、
どのような感じだったのでしょうか?

野田洋次郎の彼女(マキ・吉高由里子)

まず、ネットで多く情報を見かけてるのが、
一般人の女性と言われる「マキ」さんです。

RADWIMPSが人気になって時点でも交際していたとされ、
野田洋次郎さんが心底愛情を注いだ女性ではないでしょうか?

しかし、2006年前後で破局したとされ、亡くなった噂まで流れてます。

その後の野田洋次郎さんは吉高さんと、
他の芸能人の女性と二股していたとの説があるので、
最後に一途に愛したのはマキさんだけという憶測です。

どのような形でまきさんと別れたのか、
その部分が野田洋次郎さん及び、
RADWIMPSの歌詞に大きく反映されていると。

君の名はで主題歌となった「前々前世」では、
「もしも戻れたら」という仮定の言葉が生々しいです。

別れて月日が流れた現在でも、
野田洋次郎さんの中で、マキさんへの気持ちは大きいのかな?と。

普通ではない、とても辛い別れをしたのかな?と考えると、
野田洋次郎さんの切ない歌詞の中身を読み取るのに重要な存在だと思います。

スポンサーリンク

野田洋次郎の彼女と曲の関連性。現在も一般人好み?

ちなみに「五月の蝿」という楽曲の歌詞が、
吉高ゆりこさんへの当てつけだと噂されていますが、
別れた時期的に、それは誤解だとも。

「いいんですか」など、「ふたりぼっち」など、
ライブで定番の楽曲の歌詞はどれもリアルな恋愛模様が浮かびます。

ラッドの歌詞のイメージは、気取った高貴な恋愛ではなく、
「ご飯何杯でも」などカジュアルなワードが多いです。

野田洋次郎さんの歌詞を見て、
「おっ」と共感を抱く若者も多くいるでしょう。

個人的には、野田洋次郎さんの過去の彼女は、
比較的に一般の方が多いのかな?と思います。
これは、あくまで楽曲の歌詞を見てだけの憶測ですが。

今年2017年のお正月には、
元アイドルで女優の前田敦子さんとの交際が報じられ、
野田洋次郎さんも前田さんもツイッターで強く否定。

ラッドのファンからすれば、
「紅白に出て、一般受けしちゃうから!」なんて声も聞こえそうですが、
野田洋次郎さんは紅白に出演したことを後悔していないようです。

昨年のラッドはライブの本数自体が少ないのに対して、
映画の主題歌や紅白出演などを果たし、
今までと違う路線に行ってしまうのではないか?と心配させます。

仮にメディアに多く出るバンドに成長すれば、
野田洋次郎さんの彼女関係も派手になりそうです・・・、
そしたら、これまでのように良い歌詞は書けるのか?と心配も。

今年2017年のRADWIMPSは、
ライブをガンガンこなす名言しているので、
その言葉を信じて、音楽に励む野田洋次郎さんを拝み続けたいです!

スポンサーリンク
おすすめの記事