中尾彬がねじねじ処分。終活に嫁・志乃に200本捨てられる(理由は普通)

スポンサードリンク

中尾彬がねじねじ処分。終活に嫁・志乃に200本捨てられる(理由は普通)中尾彬さんといえば、
ねじねじのタイがトレードマークで知られてますが、
最近になって、嫁である池波志乃さんに、
自慢のねじねじを200本処分されてしまったそうです。

自分の旦那のトレードマークだというのに・・・なぜ?

中尾彬=ねじねじストールという、
不動のアイコンを獲得してるのはすごいことですが、
もしかして、嫁さん的には嫌に思う節があったのでしょうか?笑

中尾彬のプロフィール

中尾彬は1942年8月11日に誕生されました。

千葉の木更津市が地元ということで、
氣志團の綾小路さんと同じですね!

身長175センチとスタイル抜群です。

血液型はO型ですが、Aに近いOという印象です。

職業は、俳優とタレントですが、
昭和の時代は2枚目俳優として活躍され、
全盛期はモテモテすぎて、家にほとんど帰らず遊んでたそうです。

配偶者には茅島成美さんと、現在の嫁さんの池波志乃さんがいます。

1970年から5年間、茅島さんとの結婚生活を経て、
1978年に池波志乃さん再婚され、現在までおしどり夫婦であります。

今の若い世代の方は、
中尾彬さんが再婚されてることは知らなそうですね・・・。

スポンサードリンク



中尾彬とねじねじの歴史

そもそも、なぜに中尾彬さん=ねじねじのイメージがあるのか・・・。

そのねじねじの生みの親というのが、
まさかの嫁さんの池波志乃さんなのです!

そして、ねじねじを作るきっかけになったのが、
同業の神田正輝さんなのです・・・。

この2人が関わっていたなんて、意外な事実ですね!

中尾彬さんは神田正輝さんと飛行機が一緒だったときに、
ストレスでストールをぐるぐるねじっていたところ、
そのねじねじの形を見て、神田正輝さんが、シェフみたいでおしゃれだ!と、
発言されたことがきっかけで、作ることになったのです。

そして、「ねじねじ」と名前をつけたのが、
嫁であった池波志乃さんなのです。

それ以降、中尾彬さんは多くのメディアでねじねじを着用し、
現在までに20年以上、そのトレードマークを大切にされています。

しかし、今回のニュースで、
200本以上、嫁に捨てられてしまった話がありましたが、
それにはどんな理由があったのでしょうか?

ねじねじを終活として志乃に200本捨てられる

中尾彬さんが嫁さんに、
200本以上のねじねじを処分されてしまった話ですが、
その理由は、至って普通でした。

ねじねじを200本以上処分した理由は、
ズバリ「終活」です。

中尾彬さんも嫁さんも年齢を重ね、
そろそろ人生の終わりを意識してるようです。

志乃さんと中尾彬さんの間には子供はいません。

ということで、遺品整理のことで色々考えられてるみたいです。

志乃さんは、遺品整理で舌打ちをされたくないとの理由で、
ねじねじを200本捨てたそうです。

これには中尾彬さん本人も同意してます。

それでもまだ在庫があるので、
全て綺麗に処分されるのはまだまだ先になります。

ネットの声・コメント

昭和のイケメン俳優である中尾彬さんの、
長くトレードマークとなっているねじねじですが、
実際、かなりプレミアのある、貴重な私物なように思えます。

ネットの声では、そのまま捨ててしまったことに対して、
「勿体無い」の声が多くありました。

実際に中尾彬さんのファンならストールが欲しいでしょうし、
ファッションが好きな人、タレントグッズが好きな人からすれば、
お金を出しててでも、そのストールが欲しいはずです。

フリマやオークションで高く売ることだってできるのに、
捨ててしまうなんて、もったいない・・・これは素直に自分も納得です。

残りの在庫は捨てないで、
中尾彬さんを愛するファンか、
もしくはタレントグッズが好きな人に売って欲しいですね。。

最悪、チャリティーオークションに出すなんて最高な選択だと思います!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です