筆談ホステス・斎藤りえの今現在。区議に転身で政治家へ

スポンサードリンク

筆談ホステス・斎藤りえの今現在。区議に転身で政治家へ元キャバ嬢でタレントなどで活躍される方は多いですが、
元銀座のママで、第二の人生で大きく転身したという話題は少ないです。

銀座のお姉さんは、売れるまでに時間はかかるものの、
一度売れれば、ある程度の年齢まで接客時術だけで飯が食えるものです。

そんな銀座のお姉さんで、
過去に「筆談ホステス」という著者をヒットさせた、
斉藤りえさんという方がいました。

斉藤りえさんは聴力障害でありながも、
お客さんとの話をマメにメモし、
努力で障害を乗り越えて、銀座で売れたのです。

2009年に筆談ホステスが売れると、
翌年には女優の北川景子さん主演でドラマ化もされ、
その波乱に満ちた人生が、多くの人の共感を産んだのです。

その後の斉藤りえさんがどうなったのか気になりますが、
なんと、政界に進出していたことが明らかになりました。

しかし、政界に進出する手前には、
父親のいない子を妊娠・出産するなど、
一部からは「人気ホステスから転落」と、
心ないパッシングも受けていたのです。

現在の政界進出までの斉藤りえさんの人生を、
簡単に振り返ってみたいと思います。

筆談ホステス・斎藤りえの今現在

青森生まれの斉藤りえさんは、
1歳の頃に聴力を失いました。

障害がありながらも負けん気の強い斉藤りえさんは、
高校時代にアパレルのアルバイトにして、接客スキルを学び、
当時から、接客が好きになっていたそうです。

19歳でホステスの道に行き、
2007年に上京しました。

聴力がないハンデと戦い、
見事にナンバーワン嬢に輝くと、
2009年に「筆談ホステス」を書き上げヒット。

ドラマ化までされる社会現状になりました。

テレビ出演や講演会などの話も舞い込み、
斉藤りえさんの人生は華やかになったと思われました。

当時から心無い人から「ヤラセだろ」と疑惑を持たれたり、
2010年に妊娠を発表した時も、心無い声はありました。

その子の父親になるはずの男性と、
入籍せずに、シングルマザーとして頑張ることを宣言し、
単身ハワイに乗り込み、子供を出産しました。

当時のことを彼女はこう振り返ります。

「若かったとは思いますけど、当時の決断に今も後悔はありません。娘とは親子という関係を超えた“パートナー”のような存在です。ほかの家庭とは違う環境であることを理解しながら、7歳なりの小さな心で、いつも私が困らないように気遣ってくれます。結婚ですか? 今のところはないですね」

後悔はないと断言してるあたりが、
さすが、根性あります・・・。

そして2015年に東京都北区議会議員に立候補すると、
見事にトップで当選を果たしたのです!

まさかの政界進出に期待と不安の声がありましたが、
現在でも、しっかりと業務をこなしているようです。

子供を抱えながらも、ハンデを背負い、政界の業務まで。

斎藤さんには不可能という言葉がないのでしょうか?

スポンサードリンク



区議に転身で政治家へ

現在の斎藤さんは、議会では音声ソフトを利用したり、
最先端の技術の助けもあってか、
今の仕事は無難にこなせているようです。

当選した当時は多くの人が悪く言いましたが、
あれから3年間も奮闘してるので立派なものです。

また、ゆっくり離されれば、
何を言っているのかわかるスキルもあるので、
ソフトなしでもしっかりと努めることもあるみたいです。

「朝5時に起きて朝食とお弁当作り。車で娘を駅まで送り出した後、いったん帰宅して家事を済ませます。区役所に着いたら、資料の準備や音声ソフトの調整をして、10時から議会、夕方5時まで続きます。そこから娘の習い事のお迎えに行きます」

母親としての仕事もきっちりこなし、
ハードな毎日を過ごしていますが、
今の斎藤さんは周囲への感謝の気持ちが強いようです。

感謝を忘れない銀座の心があったからこそ、
今の斎藤さんがいるのでしょうね!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です