GACKTの筋肉が綺麗(画像)。しょぼい,変は不自然でおかしい評価

スポンサーリンク

GACKTの筋肉が綺麗(画像)。しょぼい,変は不自然でおかしい評価GACKTさんといえば、
芸能界屈指の肉体美を誇り、
過去にはエステ、化粧品、パワー系サプリの広告も務めました。

芸能界には多くの筋トレ好きがいますが、
GACKTさんに限っては、
筋肉を増やしたり、減らしたり緩急自在です。

年齢や仕事の内容に合わせて、
パーフェクトな体を作ってくるという点、
まるで永遠のハリウッドスター。。笑

いろんな意味で、他の芸能人の肉体美とは一線を置いてるGACKTさんですが、
今まで、どのようなボディメイクを繰り返してきたのでしょうか?

GACKTの筋肉とボディメイクの歴史

もともと体の弱いGACKTさんは、
過酷なツアーや仕事のスケジュールに耐えるために、
体を鍛え始めました。

マリスを抜けてソロ活動を始める前には、
大好きだった炭水化物のお米を辞めてしまいました。

お米を抜くという点は、
ダイエットという意味よりも、
大切なもの、大好きなものを置いてこという、
GACKTさんなりの縁担ぎです。

マリス時代のガリガリ体型、ソロ後のガリマッチョ、
そして現在のムキムキ体型はよく知られてますが、
それ以前には、どのような体をしていたのでしょうか?

GACKTさんはもともと学生時代に格闘技をしていたこともあり、
十代の頃に初対面だったバンドメンバーのYOUさんは、
「当時は今よりもムキムキした体型だった」と、
そのころのGACKTさんの体つきを見てびびったそうです。

そんなGACKTさんも、ヴィジュアル系のミュージシャンとして活動を始め、
MALICE MIZERに加入する20代前半には、女性のようなしなやかな体を作りました。

GACKTさんの著書では、
ピークで80キロ代まであったとされる体重ですが、
MALICE MIZERに加入する頃には、
まさかの50キロ台まで体重を落としたのです。

ということは、20代前後に30キロ前後規模のダイエットをしたということでしょうか?(贅肉よりも筋肉を落とした?)

マリスを抜けた後は、少しずつ筋肉が付いてきました。

若い頃の格闘技の経験がよかったのか、
肩幅と太股はそれなりにたくましく、
ウエストなどの締まるべきところは締まってるとして、
GACKTさんのスタイルは「ちょうど良いサイズ感」でした。

2002年の「たかの友梨」のエステのCMが決まると、
そこから3ヶ月間の時間をもらい、体をさらにしなやかにし、
胸板と腹筋だけは残すという、見事な体を仕上げました。

そこから5年連続で同社のCMに出演し、
年を重ねるごとに、胸板の形が綺麗に整って行きました。

当時のGacktさんは器具を使わずに、
自分の体重で負荷をかける筋トレが中心で、
シャワーの最中など、生活の一部に筋トレができる合理的な発想を見つけていました。

2004年のツアーブックには腕立て伏せにハマってることが書かれ、
2005年のツアーのドキュメントでは、懸垂にハマってることがわかります。

その後には、ケミストリーの川端さんとジムで会った話などもあり、ジム通いしてることがわかりました。

さらにその後は、自宅にジムを作ったことを明かしました。

年々、トレーニングが激しくなっている・・・笑。

スポンサーリンク



体を小さく・大きくするボディメイクも得意

さらに、ただ体を大きくするだけでなく、
小さくすることもしていました。

それは2006年頃の「ドラッグパーティ」というツアーの中です。そのライブの頃のGacktさんは2002年頃のような胸板だけ残ったしなやかな体をしていました。おそらく体重は50キロ台です。

驚きなのは、そこから僅か1年で、
NHKドラマ「風林火山」の上杉謙信役のために、
体重を70キロまであげたことです。

鎧を着る役を演じるということで、
Gacktさんは筋肉量を増やしました。

女性説のあった上杉を、
中性的にも演じなければいけない理由からも、
「顔は太れない」として、
贅肉でなく、完全に筋肉だけで70キロ台まで乗せたのです!

階級移動の激しかった時代のパッキャオばりのボディメイク、
おそるべし、ミスターストイックです・・・。

謙信役の後は、ツアーに備えてベストな体重に戻し、
その後は、食事をローフードに変えたり、
トレーニングの内容を強化したり、
チマチマと体は進化していったのです。

YFC時代の体も、ラストムーン時代の体も、
どの体も微妙に違い、それぞれの魅力を持ってます。

「しょぼい」「変」は不自然でおかしい評価

たまにGACKTさんの筋肉に関して、
「しょぼい」「変」などいう意見もあります。

それはGACKTさんの上半身の画像を物色し、
目に入った画像を見て言ってるのかもしれません。

GACKTさんのボディメイクは、
常に何かテーマを持っています。

俳優用、ツアー用、広告用と、
体は微妙に変化しています。

しょぼいという意見の方は、
きっと2002年頃から数年間続いた、
エステのCM「たかの友梨」時代の体を見て、
言ってるのでしょう。

エステの広告を務めていた時代のGACKTさんは、
筋肉の大きさよりも、バランスや美しさを重視していました。

ジムに通って胸板の大きさを争っている人からすれば、
当時のGACKTさんの筋肉は足りなく見えるのかもしれません。

また、「変」だという意見の方は、
最近のパワー系サプリメントの広告で作った体のことを言っているのでしょう。

繊維の細かい、使える筋肉がメリメリと多く付いてる印象で、
ボディビルダーが作る体とは少し違ったタイプの強い筋肉でした。

これからのGacktさんがどのような体を作っていくのかわかりませんが、
ラストムーンの海外公演が数年以内に予定されているので、
きっと2016年頃の女性ウケの良い板チョコ系の腹筋に戻すと予想してます。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です