GACKTの本名(読み方)と卒アル・学歴(高校・大学)。出身地・国籍が韓国はガセ

スポンサードリンク

GACKTの本名(読み方)と卒アル・学歴(高校・大学)。出身地・国籍が韓国はガセGACKTさんといえば、多国語を操れたり、芸能人格付け番付けで連勝記録を継続させたり、利口なイメージが強いです。

ピアノなどの楽器類もマルチにマスターし、字は渋く味わい深く、GACKTさんから生産されるモノの全てが美しく芸術的です。

そこで疑問に思うのは、子供の頃からどのような英才教育を受けていたのか?ということ。やんちゃなイメージもありますし、過去にやんちゃしていたことは本人も認めています。

ホストをしていた時期もあれば、家庭教師をしていた時期もあり、バンドマンとしてメジャーになる前の経歴というのは謎が多いです。

MALICE MIZERにいた若い頃からの発言を遡ると、到底20代前半の若者が言ってることとは思えないほど渋いです。真面目なのか、不良なのか、頭は良いのか、悪いのか・・・。

ネット上にあるGACKTさんの学歴や子供の頃の教育などを見ている限り、バカではなさそうだけれども、エリートというわけでもない印象です。

GACKTの本名と卒アル・学歴

最近になって本名を公表したGACKTさんですが、
「大城ガクト」(読み:おおしろ がくと)と公表されました。

大城という名字は前々からネットで噂されていましたが、
それ以前には「岡部」(読み:おかべ)だったとも言われてます。

また、下の名前は「学」と書いて、読みは「さとる」だったとも・・・。

そもそも、なぜGACKTさんの本名が昔から知られていたかというと、
それは、お昼のワイドショーにて、卒業アルバムが公表されたことが発端です。

それでも、ワイドショーに出る前からも本名は出回っており、
それはマリス時代からの熱狂的なファンが私生活を嗅ぎ回ったことで発覚したことだと。

結婚していた時代は、自宅にまでファンが来たり、またいたずら電話もあったそうなので、本名は簡単に特定されていますよね・・・。可哀想です。

気になるGACKTさんの学歴ですが、
ワイドショーに卒アルの写真が登場し、
確定されているのは「滋賀県立守山高校」です。

守山高校とそれ以前(噂)

それ以前は噂の範囲で、
栗東市立大宝小学校ー栗東市立栗東西中学校ですが、
転勤族だった過去を語っているので、
高校以前の経歴の憶測は異なる可能性があります
(滋賀県のしがらみで憶測された?)

中学時代から勉強は好きではなかったそうで、
国語のテストで1桁の点数をもらったことがあるとラジオで語っていました。

それでも守山高校へは、憧れてるドラムをしてる先輩がいたために、猛勉強をして進学したそうです。現在の守山高校の偏差値は69と超難関。GACKTさんの時代は若干劣るにしても、やんちゃだった生徒が簡単に受かるような高校ではなかったです。

京都学園大学(噂)

守山高校を卒業した後は、
「京都学園大学」に進学されたそうですが、
ここのソースは過去の週刊誌です。
(確か芸能人の偏差値を比較する特集)

高校時代にやんちゃしながらもバンドマンとしての生活もあったので、在学中に勉強はほとんどしてなかったそうです。(メタリカの影響でスピードドラムに憧れてたGACKTさんは、ツーバスの速度を上げるべくして、朝から重りをつけて走り込むなど、いまと変わらずストイックに音楽と向き合っていました。)

京都学園大学での学部は不明ですが、
一時期「法学部」と言われていました。
この学部のソースも曖昧なので、信ぴょう性は薄いです。

ホストと家庭教師

大学に進学した後は、中退して音楽と水商売に励みました。

現在のジョブメンバーのYOUさんと共にカインズフィールを結成し、その後にボーカルが抜けたMALICE MIZERが、歌唱力と個性的な感性で界隈で噂になっていたGACKTさんを引き抜いたのです。

最近になって、「ガクトはお金に困ってる」という噂に対して、
GACKTさんは、金に困った時期はマリスに移ったばかりの時期だけ
と回想されてました。

きっと上京されたばかりの頃は嫌な仕事もされたのかな・・・と。

そいえば、家庭教師をしていた時期はいつなのでしょうか?京都時代はホストだと考えると、上京した後?もしくは退学する前の大学生時代?

当時の担当の子はGACKTさんのことを覚えているのか・・・忘れるわけがないですね。。

スポンサードリンク



出身地・国籍が韓国はガセ

GACKTさんといえば、20歳ぐらいの頃に韓国系の女性と結婚していたことを自身の書籍「自白」で語っていました。その韓国人の女性と離婚した後も、雑誌などでアジア平和に対する想いを口にすることが多くありました。

バラードアルバム「LOVE LETTER」では韓国版もリリースし、「12月のLOVE SONG」でも韓国版をリリースされていました。さらには台湾・韓国でのライブを実行し、現地ではしっかりと現地の言葉でコミニュケーションをとっていました。韓国で「アジアベストロックアーティスト」を受賞したり、韓国の大型番組でのパフォーマンスでは会場の大勢の韓国人を熱狂させていました。

韓国という土地は、GACKTさんの「ゆかりの地」として知られてます。

そんなGACKTさんに、
なぜか「国籍が韓国なのではないか?」と、
いい加減な噂があります。

韓国のファンへの強い気持ちや、
濃厚なコミニュケーションが、
何か勘違いをさせたのでしょうか?

数年前に初めて彼女だと公表した女性・ICONIQさんが、
韓国の女性であったことも、何か韓国ビイキなイメージになってしまったのかな?と。

実際のGACKTさんは沖縄生まれの関西育ち
親の転勤でいろんな地域を転々とされていますが、
韓国に住んだことは一度もありません

あの書道家のような達字と、
渋すぎる言葉のチョイスを見てると、
GACKTさんほど日本人らしい日本人っていないと思うのですが・・・。

韓国に限らず台湾だってゆかりの地なのに、
なぜ韓国ばかりを強く擦りつけられるのか。

ファンで出身地がどうってガセネタを信じる人はいません。

ただ、アジア系の女性でいうのであれば、韓国のスタイル抜群の女性が好みなのかな?と。。笑

骨格の作りが綺麗で、
女性らしい仕草ができる女性が多く、
さらには情や絆に熱いので、
GACKTさんの好みの女性が多いのかもしれませんが。。笑

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です