デストロイヤーが死去。死因と病名。素顔は息子に優しい父(画像)

スポンサーリンク

デストロイヤーが死去。死因と病名。素顔は息子に優しい父(画像)

昭和の親日プロレスを彩った覆面レスラー・ザ・デストロイヤーさんが、今日死去されたことが発表されました。

現役中は年齢不詳だったザ・デストロイヤーさんですが、亡くなられた今年で88歳でした。

プロレスラーは短命な方が多いので、ザ・デストロイヤーさんは長生きできた方だと思います。

ザ・デストロイヤーが死去。死因と病名

ザ・デストロイヤーさんが亡くなられたのはアメリカ時間で3月7日。日本時間で8日でした。

最期は愛する嫁さんと子供たちに看取られたそうです。

88歳まで元気に生きたザ・デストロイヤーさん、きっと日頃の行いがよかったのでしょうね!

ちなみにザ・デストロイヤーさんの亡くなられた理由は病気であること以外詳細不明です。

死因に関しては、今後アメリカの報道の発表を待つしかないですね。

ちなみに彼の死を最初に報告したのは元プロレスラーの息子カート・ベイヤー氏です。

息子のカートさんが自身のフェイスブックで報告し、

「父のデストロイヤー、ドクターXことディック・ベイヤーが今日正午すぎに亡くなりました。自宅で子どもたち、妻に囲まれながら平穏に去っていきました」

とファンに正式に挨拶しました。

その書き込みには多くのコメントがついてます。お悔やみの声が多いのもうなづけます。

デストロイヤーの素顔

覆面レスラーとして活躍したデストロイヤーさんですが、世界で初めて王者ベルトを巻いた覆面レスラーは彼です。

当時はただの色物扱いだった覆面レスラーに対する偏見を破ったのは彼が初めてです。

大学をしっかりと出た教養のある方です、その日頃の行いは多くのレスラーから尊敬を集めました。

マスクを取った素顔を見てると、彼が知的だったのもなんかわかります。

彼は親日としても知られ、アメリカの自宅にも日本的なインテリアを多く配置していました。

引退した後も頻繁に日本を訪れ、多くのプロレス関係の方と交流を続けました。

日本をただのお金稼ぎの国にせず、ちゃんと文化や交流を続けてきた一面を見てると、いかに彼が素晴らしい人間だったのかがわかります。

家では優しい父親としても知られ、選手としてだけでなく人としても一流の紳士でした。

88歳まで長生きできたのも、きっと日頃の行いが良かったからでしょうね!

改めて、ご冥福をお祈りします。

天国で馬場さんと昭和の思い出話に浸って欲しいですね。

平成最後の時に、何か不思議な縁を感じます。親日家だったデストロイヤーだっただけになおさらです。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です